奥能登に吹く殺意の風 (光文社文庫)

著者 :
  • 光文社
2.50
  • (0)
  • (1)
  • (5)
  • (5)
  • (1)
本棚登録 : 38
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (284ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334723965

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 北陸は能登の福浦港で殺人未遂事件が起きた。
    撃たれたのは現役刑事の北条早苗。
    それから東京でも現役刑事が狙われた。こちらは殺人事件に発展。
    警察に恨みがある者の犯行なのか?と思ってた矢先に
    能登の海で女性の死体があがる。
    北条早苗が福浦港近くで寝泊りしていた家の娘だった。
    娘の名は田村真理子。背格好が北条早苗と似ていた。
    真理子と早苗を間違えて撃ったのか?
    謎は深まるばかり。
    最後の最後で急展開。真犯人は意外な人物だった?!

  • 1999.8.25 5刷 514
    能登旅行中の警視庁の北条早苗刑事が、ライフル銃で狙撃された。さらに早苗が泊まった家の娘・田村真理子が、片山津温泉で溺死。警察への恨みか、人違いか。―-一方、東京・国立市でバス爆破事件が発生、早苗の同僚四人が死亡した。絞り切れぬ犯人の動機。いらだつ十津川警部のもとへ、早苗暗殺を予告する挑戦的電話がかかった。みなぎる緊張とサスペンスの傑作。

全2件中 1 - 2件を表示

プロフィール

1930年東京生まれ。65年『天使の傷痕』で江戸川乱歩賞を受賞。81年『終着駅殺人事件』で日本推理作家協会賞を受賞。2004年には第8回日本ミステリー文学大賞を受賞。トラベル・ミステリーで活躍。

「2018年 『房総の列車が停まった日』 で使われていた紹介文から引用しています。」

奥能登に吹く殺意の風 (光文社文庫)のその他の作品

西村京太郎の作品

ツイートする