木枯し紋次郎〈7〉―木枯しは三度吹く (光文社文庫―光文社時代小説文庫)

著者 :
  • 光文社
4.67
  • (2)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 15
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (271ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334724368

作品紹介・あらすじ

紋次郎は、死を直視していた。非情冷徹な彼が、狂女の言葉を信じ、あざむかれたのだ。追っ手は二十四人。助かる見込みは万に一つもない。紋次郎の意識は朦朧とした。またある日、紋次郎は六人の大男を相手に決然と立ち向かった。全員を泥田の中に倒し去って行く。「あっしには、今日しかございませんよ」現代的な放浪感覚と、ミステリー仕掛けのどんでんがえしが圧巻。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  •  
    http://booklog.jp/users/awalibrary/archives/4334724361
    ── 笹沢 左保《木枯し紋次郎(07)木枯しは三度吹く 199707‥ 光文社時代小説文庫》¥ 520
     

全2件中 1 - 2件を表示

木枯し紋次郎〈7〉―木枯しは三度吹く (光文社文庫―光文社時代小説文庫)のその他の作品

笹沢左保の作品

木枯し紋次郎〈7〉―木枯しは三度吹く (光文社文庫―光文社時代小説文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする