小豆色のテーブル (光文社文庫)

著者 :
  • 光文社
3.36
  • (11)
  • (8)
  • (60)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 225
レビュー : 7
  • Amazon.co.jp ・本 (326ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334724610

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 恋人の明男が殺人を犯した衝撃を乗り越え、高齢者向けケア付きマンションで働く爽香。担当になった元大女優・栗崎英子の子どもたちが財産目当てに計画した偽装誘拐事件に巻き込まれたうえに、爽香に共犯の疑いが!一方、勾留中の明男に判決の時が近づいていた…。登場人物が読者とともに年齢を重ねる画期的シリーズ第十弾!

  • 辛いはずの人生を強く生きる爽香。そこには、生き抜いている人が理解者としてそばにいてくれる。つまらない人も多いけど、それも含めて非現実的な話に不思議なリアリティーを持たせた作品です。

  • 爽香シリーズ第10弾、杉原爽香、24歳の春。恋人の明男が殺人を犯した衝撃を乗り越え、高齢者向けケア付きマンションで働く爽香。担当になった元大女優・栗崎英子の子どもたちが財産目当てに計画した偽装誘拐事件に巻き込まれた怪我をしたうえに、爽香に共犯の疑いがかかる。 一方、勾留中の明男に判決の時が近づいていた……。1997年9月11日発売。

  • 杉原爽香が主人公で,本作品はシリーズものだと気が付かずに読みました。

    主人公であれば、死なないというのは固定観念かもしれません。
    主人公が順に亡くなるシリーズであれば、死ぬ可能性もあるかもしれません。

    赤川次郎の作品で、これほど研ぎ澄まされた感覚のものがあるとは知りませんでした。

    「これほど」という中身を書くのが「解説者」だそうですが、
    本書の解説者同様,才能がないので「これほど」が書けません。
    ごめんなさい。

    もし、誰か赤川次郎を読んだ事がない人がいたら、小豆色のテーブルを勧めます。
    BOOK OFFで105円で購入しました。

    裏をみたら、第10弾とのこと。
    ものを知らないというのは恐い。

    読み終わるまで気が付かない自分も,
    これまで知らなかった自分も恥ずかしいと思いました。

  • レギュラーとなる栗崎英子登場の話ですね。
    彼女についてはこの先の話も読んでいるから言える事ですが、今まで爽香が周囲から頼られている存在という事から必要不可欠なキャラクターだと思います。
    無理をした時に嗜める、助言をする、逆に爽香から頼られる事もなきにしもあらず。そんな存在って、やっぱり必要だし驚きな事に今までいなかったんですよね。安西先生や河村刑事も年長者だけど心配して見守る側ですし。

    そんな栗崎英子の子供達が誘拐を企てるのが今回の話。
    んーまたどうしようもないのが集まっている感じですよね。兄夫婦と妹夫婦の旦那の方って何か他にもあった気がします。
    犯罪を簡単に考えすぎているのが頭の弱い所。

    田端は、何で佑子と結婚するんだろう。
    見ていると悪い人じゃないむしろいい人だし、権力を盾になんてしない社長ってどこかシビアにならなきゃいけないと思いますが、きっとそうゆう所に弱いのだろうなぁと思う、根っからのいい人。
    だから不思議でしょうがないです。
    付き合いはじめからずっと思っていたけれど、祐子って女性は本能に忠実と言うか、結局社長婦人て椅子が好きなんでしょ?て人。
    だけど自分から何かを奪われるなんて嫌いだし、自分に向いていないと嫌な人。いい人ってわけじゃないけど悪い人ってわけでもない。
    爽香より女性的と言えばそうなのでしょう。そんな正反対な祐子と結婚?未だに不思議です。

    この話ほどタイトルにいいと思った事はありませんでしたね。
    小豆色のテーブルの由来。素敵だなぁと思いました。夫婦だけの世界って子供が生まれて何年かは本当に少ないと思うのですが、こうゆう場所があって何でも言い合える夫婦になりたいなぁと思います。

  • 【解説】 秋山駿

全7件中 1 - 7件を表示

小豆色のテーブル (光文社文庫)のその他の作品

赤川次郎の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
宮部 みゆき
宮部 みゆき
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする