日本語がもっと面白くなるパズルの本―難問、奇問、愚問を解く (光文社文庫)

  • 21人登録
  • 3.29評価
    • (0)
    • (2)
    • (5)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 清水義範
  • 光文社 (1997年10月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (279ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334724870

日本語がもっと面白くなるパズルの本―難問、奇問、愚問を解く (光文社文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 「日本語パズル」というところに期待すると、ちょっと外れた感じを受けるかも。
    日本語に関する雑学をクイズ形式で読ませる本といった感じ。
    もちろん、それでも面白いわけだが…。
    例えば文学者のペンネームの由来とか、CI前の企業の名前とかといったあたりまでくると、クイズにしたてなくても、と思ってしまう。
    とはいえ、これだけの量の日本語に関するあれこれを集めたのはすごいこと。

  • 意外と真面目に書いてある。

全2件中 1 - 2件を表示

日本語がもっと面白くなるパズルの本―難問、奇問、愚問を解く (光文社文庫)のその他の作品

清水義範の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
伊坂 幸太郎
有効な右矢印 無効な右矢印

日本語がもっと面白くなるパズルの本―難問、奇問、愚問を解く (光文社文庫)はこんな本です

ツイートする