木枯し紋次郎〈12〉奥州路・七日の疾走 (光文社文庫―光文社時代小説文庫)

著者 :
  • 光文社
4.33
  • (1)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 10
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (272ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334725259

作品紹介・あらすじ

奥州路、そこは賭場も親分衆の住まいもなく、渡世人にとっては禁断の土地であった。しかし、清水港から千石船で銚子に向かった紋次郎は、途中暴風雨にあい、八戸に流れついてしまった。一日も早く関八州に抜けなければならない。-紋次郎を追う、侠客・大前田栄五郎がはなった三十人の刺客と一刀流の達人。紋次郎に勝ち目はない。シリーズ初の長編大作。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  •  
    http://booklog.jp/users/awalibrary/archives/4334725252
    ── 笹沢 左保《木枯し紋次郎(12)奥州路・七日の疾走 199712‥ 光文社時代小説文庫》¥ 520
     

全2件中 1 - 2件を表示

木枯し紋次郎〈12〉奥州路・七日の疾走 (光文社文庫―光文社時代小説文庫)のその他の作品

笹沢左保の作品

木枯し紋次郎〈12〉奥州路・七日の疾走 (光文社文庫―光文社時代小説文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする