奇妙にこわい話―寄せられた「体験」 (光文社文庫)

著者 :
  • 光文社
3.15
  • (3)
  • (3)
  • (10)
  • (2)
  • (2)
本棚登録 : 44
レビュー : 8
  • Amazon.co.jp ・本 (258ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334726942

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 実体験なのか作り話なのかわからない

  • 後ろ向きの女は怖い( p_q)

  • 2000.10.15 16刷 457
    深夜のマンションで遭遇した、扉に背を向けてエレベーターに乗りつづける女(「わたしの足音」)。終戦間際、ドイツ総領事夫人が捨てた“透明なネズミ”の謎(「透明なネズミ」)。両親の墓を移すさいに起こった出来事(「帰って行った遺骨」)。一般応募の中から、作家・阿刀田高が厳選する、光文社文庫の新企画「寄せられた『体験』第一弾。続編の「体験」、募集中!
    わたしの足音・透明なネズミ・帰って行った遺骨・一瞬のひかり・膝の上の猫・ひかり・物・おしらさま・中国での不思議な体験・午前三時五十分・砂場・ロンドンにて・プラットホームの悪魔・いってきます・お墓の掘り方・借り物競争・北山にて・蝉・他人の不幸は私のしあわせ<朱い実>・イガミ・深い眠りにつきたい・ゾンビ・病院の夜・夢の結末・深夜バス・彼・我が家・腫瘍・懐しい人・完璧な私・夜の仕事場・仮想ではない現実

  • 深夜のマンションで遭遇した、扉に背を向けてエレベーターに乗り続ける女・・・など一般応募の中から厳選された短編集。

  • 読者から寄せられた作品を阿刀田さんが選んで本にしました。
    玉石混交かな?まぁまぁです。

  • 最優秀作品の「わたしの足音」がめちゃくちゃこわかった…。得体の知れない恐怖がたまりません。実話もあれば、フィクションもあります。ただ、どれも一般応募から選ばれた作品なので、表現がイマイチだったりするものもあります。

    とにかく、こわい話をたくさん読みたい!という方にオススメです。

全8件中 1 - 8件を表示

プロフィール

阿刀田 高(あとうだ たかし)
1935年東京生まれ。早稲田大学第一文学部フランス文学科に入学し、結核を病む。大学卒業後は国立国会図書館に司書として勤務。『ころし文句』を長崎寛と著し、これがデビュー作となる。兼業しながら著作を刊行していたが、『ブラックユーモア入門』がベストセラーとなり、作家一本に。
1978年『冷蔵庫より愛をこめて』が直木賞候補。1979年『来訪者』で第32回日本推理作家協会賞、1979年『ナポレオン狂』で第81回直木賞、1995年『新トロイア物語』で第29回吉川英治文学賞をそれぞれ受賞。2003年紫綬褒章を受章。
古典に親しんでいたことから『ギリシア神話を知っていますか』などのエッセイも著名。
2007年から日本ペンクラブ会長。直木賞、新田次郎文学賞、小説すばる新人賞選考委員、講談社『小説現代』のショートショート・コンテスト選考をそれぞれ務める。

阿刀田高の作品

ツイートする