十津川警部の試練 (光文社文庫)

著者 :
  • 光文社
3.80
  • (1)
  • (2)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :36
  • レビュー :2
  • Amazon.co.jp ・本 (338ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334731984

作品紹介・あらすじ

ひとり暮らしの女性をねらった連続殺人事件が発生!被害者はいずれも、自宅でバスローブやパジャマ姿という格好で殺されていた。彼女たちはなぜそんな格好のまま、犯人を部屋に入れたのだろうか。そしてなぜ、捜査の進行状況がマスコミに漏れてしまったのか(「午後の悪魔」)。「北の女が死んだ」「警官嫌い」「若い刑事への鎮魂歌」の計四編を収録。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 午後の悪魔
    北の女が死んだ
    警官嫌い
    若い刑事への鎮魂歌(レクイエム)

    警察ものが続く。
    警察関係者が,家族の犯罪の責任を取るために自殺するのはやるせない。

  • 他の作品では鼻につく、
    強引な展開・無駄足を踏むシーンがこの本ではプラスにはたらいています。
    ただ、4編中2編の結末が似たような感じなのは残念。

全2件中 1 - 2件を表示

十津川警部の試練 (光文社文庫)のその他の作品

西村京太郎の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

十津川警部の試練 (光文社文庫)はこんな本です

ツイートする