蜜の眠り (光文社文庫)

  • 光文社
3.08
  • (0)
  • (4)
  • (20)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 64
感想 : 9
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (312ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334732233

作品紹介・あらすじ

少女が少年に抱く想い。運命の人との結婚。夫への片思い。姑との不和、夫の浮気。人生の様々なワンシーンを、豪華女性作家陣が描きあげた珠玉の恋愛アンソロジー。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 2012/9/13.
    榎本ナリコの少女と少年が美しすぎて。

  • 昔読んだ。
    他の短編はすべて忘れたのだが、恩田陸氏の「睡蓮」だけは、情景が頭に焼き付いて離れない。

  • 柴田よしきさんが気になった。

  • (明智抄・島村洋子・水樹和佳子・榎本ナリコ・中村うさぎ
    ・横森理香・恩田陸・姫野カオルコ・柴田よしき・松本侑子)
    ★☆☆
    短篇集って、色々な小説をちょこっとずつ味わえて好き。
    特にこういう色々な作家さんの小説が混じっていると、それぞれの違いが分かって面白い☆
    この本は、全体的にオトナっぽい感じだった。
     
    (2007.10メモ→2010.04ブクログ)

  •  女性作家による恋愛小説のアンソロジー。一口に恋愛小説っても、まぁ色々あるもんです。でもってその発想の豊さに、脱帽しました。小説家だけじゃなくて、漫画家も小説を書いてるんだけど、これが上手い。天は2物を与えずなんて、大嘘なのね(涙) にしても、恋愛っていいですね(爆) と、中村うさぎの小説は、よくできてるし面白いんだけど、エッセイの面白さに負けてるよね。うむ、事実は小説より奇なり、ってことか>無理矢理

  • 明智抄・恩田陸・榎本ナリコ・水樹和佳子・<br>中村うさぎ・松本侑子・島村洋子・<br>柴田よしき・横森理香・姫野カオルコの
    <br>恋愛アンソロジー。
    <br>あの″3月は・・・″の「理瀬」を主人公にした短編『睡蓮』が収録されています。

  • 気になる人がたくさん(榎本ナリコ、恩田陸、柴田よしき)書いていたので、思い切ってブックオフでゲット。
    特に気になったのは榎本ナリコだけど、すごくらしかった。昔よくこういう感じの読んだなー(笑)漫画家だけど、もともと同人では小説も書いてた人だから、文章もこなれていて上手いです。

  • 恋愛アンゾロジー。恩田陸の『睡蓮』を収録。

  • 意外なメンバーだけどかなり読み応えはありました。自分再確認、と言ったところでしょうか。

全9件中 1 - 9件を表示

明智抄の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×