朱漆の壁に血がしたたる (光文社文庫)

著者 : 都筑道夫
  • 光文社 (2002年1月発売)
3.00
  • (0)
  • (1)
  • (4)
  • (1)
  • (0)
  • 22人登録
  • 2レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (242ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334732653

朱漆の壁に血がしたたる (光文社文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 物部太郎シリーズ

  • ムネオさんを「古いタイプの政治家」って言いますけど、この推理小説も古いタイプかもしれません。でも、それを感じさせないのは都筑道夫さんの才能かもしれない。なかなか軽妙でありながら知的な内容であったりします。
    都筑さんの作品はかなり昔に読んだ経験があるだけで、この作品も15年ぶりくらいに読んだのかもしれないです。かつて変な外人探偵のシリーズもの「キリンオン・スレイ」を好んで読みましたが、さすがに最近は作品を読んだ事がなかったです。これは熊本空港の本屋で見つけた1冊です。
    ちなみに、朱漆の壁って言うと誰か他の作家も書かれていたかもしれないけど、石川県の能登の方に真っ赤に中が塗られた土蔵があるとか聞きました。今回もそれに近い内容です。横溝正史の世界に近いと言えなくもない。推理部分よりも前半のキャラクター描写の方が面白いです。
    2002.3.11

全2件中 1 - 2件を表示

朱漆の壁に血がしたたる (光文社文庫)のその他の作品

都筑道夫の作品

朱漆の壁に血がしたたる (光文社文庫)はこんな本です

ツイートする