逃亡〈上〉 (光文社時代小説文庫)

著者 :
  • 光文社
3.57
  • (1)
  • (2)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 25
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (474ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334732714

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 元上司に教えていただいた本。
    登場人物は、厳しい試練にあうが、筆者は決してこれを突き放さず、救いがある。
    そういった物語であるとのこと。
    とても勇気づけられるテーマに心打たれ、読みたくなった。

  • 2011.11.26 ブクオフにて購入)

  • 初めて読んだ清張。時代ものは苦手と思ってたけど、意外にすんなり感情移入。
    どんだけ狭い世界やねん!と突っ込みたくなるくらい因縁めいた登場人物だけど。

  • ~内容(「BOOK」データベースより)~
    悪徳岡っ引・梅三郎の罠にかかって、“破牢”の重罪を負った甲州無宿の源次。逃れて、ある錺師の家の下働きとなるが、娘のお蝶と深い仲となり出奔。源次を匿い、お蝶は湯島の小料理屋に働きに出るが、そこには、あの梅三郎や、妖しい加賀藩の用人が出入りしていた…。無宿人の憤りを、巨匠が活写。
    ~~~~~~~~~~~~~~~~

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

●1909年、福岡県に生まれる。印刷工、新聞社社員を経て42歳で作家の道へ。「或る『小倉日記』伝」で芥川賞受賞。『点と線』『眼の壁』『砂の器』『ガラスの城』『黒革の手帖』など推理小説の第一人者として多くの作品を発表する一方、『日本の黒い霧』『昭和史発掘』などノンフィクション分野でも活躍。日本ジャーナリスト会議賞、吉川英治文学賞、菊池寛賞、朝日賞など受賞多数。1992年死去

「2017年 『徳川家康 (新装版)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

逃亡〈上〉 (光文社時代小説文庫)のその他の作品

1-B07GJ82V6Hの詳細を見る Kindle版 1-B07GJ82V6H 松本清張

松本清張の作品

ツイートする