二進法の犬

著者 :
  • 光文社
3.99
  • (32)
  • (27)
  • (27)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 233
レビュー : 21
  • Amazon.co.jp ・本 (1099ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334732752

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • -108

  • 文庫本で1000ページを超えるボリュームだが、あっという間とは言えないが、じっくりとその世界観に浸りながら読んだ。読んでいる時は本当に面白く、終わりに近づくと、まだこのまま読んでいたい。この登場人物たちを見ていたいと願うようになった。
    皆月もそうだが、この頃の花村萬月は本当に凄い。花村萬月というと、その物語を性と暴力と簡単に表現する人もいるが、決してそんな安直なものではないと、読めば絶対にわかるはず。確かにそういった描写はかなり多いが、それは、この登場人物がこの行動の後はこうなるだろうと、必然であると思えてくる。
    それにしても、この作者は人間の根底にある狡さであったり、弱さであったりの心理描写が実に上手い。そして本当に魅力的な人物を描く。この物語の主人公は、おそらくは京都大を卒業し、大手出版社を退職した家庭教師の鷲津。おそらくというのは、このタイトルが表すのは鷲津の恋人の父親であるヤクザの乾ではないかと思うからだ。鷲津は乾や、乾の娘の倫子と出会い、今まで過ごしてきた道を大きく踏み外した人生を送っていくのだが、全然カッコつけたところがない。実に人間の脆さや狡さを素直に表現するというか、自分は狡く、情けない人間であると認めている。それはある意味潔い。まあ、私は鷲津ではなく乾の部下の中嶋であったり倫子の人間性に惚れたのだが。
    こんなに長いレビューを書くつもりはなかったが、文句なしの作品だった。

  • 読みごたえあり。極端な人しか出てこない。そこが良い。

  • まとまった物語の中のヒリヒリした空気感がとても好きです。

  • 薀蓄が多くて疲れた。

  • えぐいシーンが強烈すぎて辛いんだけど、結局、泣かされた。小説で泣かされるのは滅多にないから、ものすっごい揺さぶられたんだなと思う。が、辛すぎる……。シーンごとに読み返したくなるところも沢山あるけど。中嶋、中嶋愛しいよーー!!!

  • かなり面白い
    ヤクザがよく出てくる話。
    男の仁義がよく書かれていて、賭博のシーンも男なら熱くなって読んでしまう。
    そして、中盤にかけてのヌルい恋愛小説が入ったと思ったら....
    終盤は衝撃の連続
    全体的に生臭い。そこが痺れる

  • ちょっとエロが多いのが個人的には嫌なのですが、博徒の勝負の緊張感ですとか倫子が倒れてからの緊張感・スピード感は凄いです。読書苦手な私が読む手止まらず徹夜して読破してしまいました。今でもたまに読み直している、とても好きな作品です。

  • いやー凄い本でした
    俺はこの人の事確かに読まず嫌いでした
    途中ある人を想い出して涙が止まらなくなりました。

  • エロと暴力を織り交ぜながら、人間の虚無を描く花村萬月の真骨頂。これでもか、というくらいに人間の暗部をえぐってくる。

全21件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

花村萬月(はなむら まんげつ)
1955年、東京生まれ。1989年、『ゴッド・ブレイス物語』で第2回小説すばる新人賞を受賞しデビュー。1998年、『皆月』で第19回吉川英治文学新人賞、同年『ゲルマニウムの夜』で第119回芥川賞、2017年、『日蝕えつきる』で第30回柴田錬三郎賞をそれぞれ受賞している。

二進法の犬のその他の作品

花村萬月の作品

二進法の犬を本棚に登録しているひと

ツイートする