算数・国語・理科・殺人 (光文社文庫)

著者 :
  • 光文社
3.22
  • (0)
  • (2)
  • (7)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 17
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (364ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334733230

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 吉村達也さんがおススメと聞いたので初めて読んでみた。
    たまたまだったのか?私的には最初の辺りからピンときてて分かりやすいストーリーだったように思う。
    他のも読んでみようかな、とも思っている。

  • 家庭教師をしてゐる輕井澤純子が殺人事件に卷きこまれる。<BR>
    事件の謎を解くきつかけは、たつたひとつの漢字だつた。<BR>
    <BR>
    漢字といふものをこのやうに使ふ作者の着想に脱帽!<BR>
    <BR>
    2004年7月31日讀了

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

小説家

「2015年 『白骨温泉殺人事件』 で使われていた紹介文から引用しています。」

算数・国語・理科・殺人 (光文社文庫)のその他の作品

吉村達也の作品

ツイートする