影武者 (光文社時代小説文庫)

著者 : 古川薫
  • 光文社 (2002年7月発売)
3.33
  • (0)
  • (1)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :15
  • レビュー :2
  • Amazon.co.jp ・本 (273ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334733537

影武者 (光文社時代小説文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 先に読んだ「花冠の志士」が良かったので、もう一冊。今度は短編集です。
    悪くは有りません。標準点以上と言えるでしょう。でも余り突出したものは感じませんでした。ひょっとしたら長編作家さんなのだろうか。
    ところで、このなかの「奇謀の島」は毛利元就が雄飛するきっかけとなった陶晴賢との厳島の戦いを描いています。厳島(安芸の宮島)を目の前に見る私の住んでいる町や聞きなれた地名が数多く出てきます。なかなか不思議な感じがしました。

  • 古川薫さんは、郷里下関市出身の小説家だそうです。
    いままで知らなかったのだけど、
    毛利の小説が読みたくてこの度手に取って知りました。
    骨のある小説だと感じました。
    舞台が地方だというのもあって、壮大さみたいなものはないけど、
    緻密でとっても好感を抱きました。

    どれも面白かったですが、「遠雷」が特に心に残りました。
    関ヶ原を経ての、輝元、秀元、広家の確執、
    微妙な立場になってしまった、広家の苦悩描かれています。

    また、「小京都山口燃ゆ」は、
    大内義隆、陶隆房の男色関係もうっすら背景にしながら、
    滅びゆく大内家を冷泉隆豊の視点から切り取ってあり、
    面白いです。

全2件中 1 - 2件を表示

影武者 (光文社時代小説文庫)のその他の作品

影武者 (光文社文庫) Kindle版 影武者 (光文社文庫) 古川薫

古川薫の作品

影武者 (光文社時代小説文庫)はこんな本です

ツイートする