クロスファイア(上) (光文社文庫)

著者 : 宮部みゆき
  • 光文社 (2002年9月10日発売)
3.55
  • (361)
  • (632)
  • (1244)
  • (61)
  • (11)
  • 本棚登録 :4379
  • レビュー :390
  • Amazon.co.jp ・本 (400ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334733704

クロスファイア(上) (光文社文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  •  念じるだけで火をつけることができる「念力発火能力(パイロキネシス)」を持った女性の物語。
     「超能力を持った女性」の物語を3編まとめた「鳩笛草―燔祭・朽ちてゆくまで」の中の「燔祭」の続きになります。

     宮部みゆきには超能力を主題、または道具に使ったお話が結構たくさんあります。「蒲生邸事件」で日本SF大賞を受賞しているのは、ファンであればご存知でしょう。

     数ある「超能力」の中で、いかにも戦闘向きの能力を、25歳の女性主人公である青木淳子に持たせた時点で、今で言う「厨二病」的展開と、それを宮部みゆきが書いている時点でラストのカタストロフィとが予想されてしまうわけですが、この巻では「厨二病」的戦闘が外連味たっぷりに描写されます。
     自らを「装填された銃」として若い女性らしさのかけらもない生活を送り、悪とみなしたものは容赦なく排除していく…ある意味痛快な戦闘ですが、その最中に、青木淳子は自分がただ殺したいから力をふるっているのではないかという恐れを抱きます。

     「パイロキネシス」の存在を信じて彼女を追う牧原刑事、そしてもう一人の「パイロキネシス」持つ少女倉田かおりがストーリーに絡みだして下巻に続きます。

     ファンとしては宮部みゆきの真っ向勝負の超能力ものを堪能できて嬉しい限りですが、できれば「燔祭」を先に読みたかったと思います。「燔祭」を含めた形で本にすることはできなかったのでしょうか。

     あとは、牧原に青木淳子を捕まえさせてやりたいなあ。牧原も青木淳子もそれぞれがトラウマを解消して、青木淳子は罪を償って、結婚して旦那さんの煙草にパイロキネシスで火をつけてやるエピローグで大団円…なんて展開はまずありえないでしょうけれど、でもたまには宮部みゆきのそんな甘っちょろいハッピーエンドも見てみたいとちょっとだけ思いつつ、下巻を開くことにします。

  • スティーブンキングの「ファイアー・スターター」にインスパイアされた作品とのことで読んでみた。
    でもファイアースターターのチャーリーは本作の主人公のような子にはならなさそう。
    心理描写もキングの方が一枚上手かな。

  • 超能力ものは好きじゃないので・・・でもぐいぐい引き込まれる。

  • 勧善懲悪ではないこの物語。
    どんな結末がと思っていたら・・・なるほど。
    こういった物語は結末が何通りも考えられるので想像力を刺激されます。


    守護神(ガーディアン)も青木淳子も完全なる『正義』ではない。
    では『悪』かというと必ずしもそうとは言い切れない。

    『人を裁くのは人』

    そこには必ず感情というものが介入してしまう。

    手塚治虫の『火の鳥』の中にコンピューターがすべてを決定する未来の物語があった。人は判断のすべてを機械にゆだねてしまうのだ。
    つまり、

    『コンピューター=神』

    しかし、この物語のように、仮にすべての物事に対して正しい判断を下せるコンピューターが開発されたとしても、(矛盾しているが)その判断は必ず正しいとは限らないだろう。なぜなら『正義』とは時に、見る角度によって姿を変えるからだ。

    青木淳子が求める『正義』は彼女自身の存在意義を問うことに起因している。
    人は生きるその過程において誰しもが考える。自分の生まれて来た、その存在意義を。
    『装填された銃』として自分の自我を持つ青木淳子。彼女はその特異な能力ゆえに殺し屋となった。たとえそれが無差別でなく、罪を犯しなお社会の手を逃れのうのうと生き続けるモノたちが殺害の対象であっても、それが殺人という行動には違いない。

    彼女には裁く権利はない。

    しかし、彼女には裁く理由がある。

    それは彼女が彼女であるために、彼女が生まれて来た、生きる理由が皮肉にもそこにリンクされてしまったからだ。
    もしも、もっと他の出会いが早くにあったなら、彼女は別のところに生きる理由を見つけられていたかもしれない。

    普段何気なく暮らしているとただただ毎日を消化しているだけで時間だけが過ぎていることが多い。人生はそれなりに充実していて、それなりに幸せであればその毎日を敢えて疑うようなことはしなくても良いのだろう。だけどたまにはその当たり前にクエスチョンマークを投げ掛けてみても悪くない。

    人は悩みながら成長する生き物だから。

    KEY WORD>>クロスファイア(著:宮部みゆき)
    青木淳子は生まれながらにして、自分の意思で、また意思とは関係なく自然発火させる能力を持っていた。『装填された銃』自己をそう表現する彼女。その彼女が掲げる正義とは法の目をすりぬけた犯罪者を彼女自身の手によって裁くことだった。
    偶然にも関わりあった事件が発端となり、彼女はまた裁きを下すため調査を開始するのだが…。

  • 中学時代は宮部みゆきシリーズを読みあさっていました。
    ミステリーも読み尽くしましたが、特殊能力系はやっぱり特に好きなんですよね。
    龍は囁く、とか・・・

    特殊能力を持った女性の、復讐劇。
    上下巻ですが、一気に読み切れます。

  • 【あらすじ】
    四人の若者が廃工場に瀕死の男を運び込んできた。その男を“始末”するために。
    目撃した青木淳子は、力――念力放火能力(パイロキネシス)を放ち、三人の若者を炎上させる。
    しかし、残る一人の若者は逃走。淳子は、息絶えた男に誓う。
    「必ず、仇はとってあげるからね。」一方、現場を訪れた石津ちか子刑事は、不可解な焼殺の手口から、ある事件を思い出していた!
    話題の超傑作、ついに登場!

    【感想】

  • この頃の疾走感も好き。

  • 超能力ものって正直興味ないし、序盤からばんばん殺し過ぎだし、ぶっ飛んでるなーなんて思ってたけど、なんか面白くなってきた。ある意味怪物だった青木淳子(なんて平凡な名前!)に迷いや葛藤が生じ始める。

  • 超能力設定で、文学に目覚めた中学生ぐらいが書きそうなもんなのにこんなに面白く書けるもんか。話題となる設定が突飛な分、そこを土台にしたメッセージ性が軽んじられないようにしないとと思った。

  • 再読。そういえば宮部みゆきが久しぶりかも。

    パイロキネシスを持った主人公。超能力って何でもそうだけど、やっぱり生きてく上で必要のないものなんだろうな。特殊能力を持った人は大変。特にこの主人公はまだコントロールができてないのか、怒りで頭に血が上ると対象物を燃やしてしまう。それが許しがたい犯罪者であっても、淳子のしていることは正しいのかな。ちょっと人が死に過ぎて怖い気も。ただ、こんな能力を持って生まれれてしまった淳子の切なさも感じられ、辛い。
    下巻へー

全390件中 1 - 10件を表示

クロスファイア(上) (光文社文庫)のその他の作品

宮部みゆきの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
宮部 みゆき
宮部 みゆき
宮部 みゆき
宮部 みゆき
宮部 みゆき
宮部 みゆき
有効な右矢印 無効な右矢印

クロスファイア(上) (光文社文庫)に関連するまとめ

クロスファイア(上) (光文社文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする