天国は遠すぎる [新装版] ―土屋隆夫コレクション (光文社文庫)

著者 :
  • 光文社
3.67
  • (1)
  • (4)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 15
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (464ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334733759

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • トリックと人間──作者が述べているように、本作品は、両者の全き合一を求めて書かれている。どちらかに偏ることもなく実にバランスが良い。容疑者に初対峙した瞬間から、一筋縄ではいかない予感を抱く刑事。逮捕するには、推理だけでなく確固とした証拠が必要だというジレンマ。この辺りの刑事の焦燥感と執着心が交互に描かれる様が特に際立っていた。トリックはシンプルで単純だが、決め手を掴むシーンは感慨深いものがある。それまでの捜査過程を刑事と一緒に経験してる分、この一撃の威力に降参するのだ。探偵ではなく、刑事が推理するストーリーだからこそ実現できた、本格ミステリの秀作。

全2件中 1 - 2件を表示

土屋隆夫の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

天国は遠すぎる [新装版] ―土屋隆夫コレクション (光文社文庫)に関連する談話室の質問

ツイートする