七十五羽の烏 ―都筑道夫コレクション<本格推理篇> (光文社文庫)

著者 :
  • 光文社
3.72
  • (8)
  • (10)
  • (12)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 94
レビュー : 13
  • Amazon.co.jp ・本 (558ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334734558

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 表題の「七十五羽の鳥」は、謎を解くすべてのカギは読者に提供されるという「本格推理」の形を取っている。
    物語は物部太郎というものぐさ太郎の祖先だという男が、父親に「一年だけ働け」との命令を受け、「客のこなさそうな」サイキック・ディティクティブの事務所を構えるところから始まる。物部太郎はこの事務所で、十分にぐうたらして過ごしていたが、そこに瀧夜叉姫の呪いに関する事件が持ち込まれ、ものぐさな太郎は事件に巻き込まれていく。
    事件の最中でも、そこから逃げ出すことを第一に考えているという奇妙な「探偵」役を主人公にした本格ものとなっている。

    また、この「七十五羽の鳥」には、不思議な事件が大好きだという日本語が片言の外国人キリオン・スレイを探偵役とした短編、退役した刑事が現職にある息子を通じて知った事件を解決する安楽椅子探偵形式の「退職刑事」、そしておなじみ「なめくじ長屋捕物さわぎ」シリーズの2編が収録されている非常にお得な一冊だ。
    いずれも都筑さんのミステリらしく、どんなに謎に満ちた事件でも、論理的に説明ができるという素晴らしい作りになっている。最後には、都筑さんがこの「七十五羽の鳥」を執筆するにあたって気をつけたことなどを記したエッセイもあり、非常に考え抜かれたストーリーであるということを再確認することができる。

  • 饒舌な本格派。
    怠けるつもりで始めた探偵業。断り切れずに関わった旧家の幽霊騒ぎが殺人事件に発展して。
    エラリークインのように、手がかりは主人公と読者に平等に与えられます。解けるかどうかは、貴方次第。

  • 2003年3月20日、初、並、帯なし、
    2013年5月11日、伊勢BF

  • まあまあ、かな。

    読んだ本の画像がなかったので、こちらで代用。
    「七十五羽の烏」以外にも収録されているようなので、そのうち読んだみたい。

  • なめくじに聞いてみろがよみたいんですけどー

  • 米澤穂信の100冊その99:そして、「解決したがらない名探偵」で〆。

  • 持っているのは、古本屋で買った昭和47年発行のソフトカバーだけど、さすがにamazonになかったのでこちらで代用。

  • 80426

  • 都筑道夫さんのオムニバス。
    気に入ったら他の本も是非

  • 「星降り山荘の殺人」の参考文献として、この作品「七十五羽の烏」が挙げられています。
    本書には何作か話が掲載されていますが、やはり1番は表題の長編「七十五羽の鳥」です。
    ですが、他の作品も素晴らしいものばかりです。
    キリオン・スレイや退職刑事やなめくじ長屋捕物の短編も載っています。
    「七十五羽の鳥」ですが、事件が連続殺人となっていく中で1つ1つ不自然な事が次々に提示されていくのが本格らしい展開です。
    謎解きも見事です。
    フェアプレー精神に乗っ取った作品です。

全13件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1929年東京都生まれ。10代より様々な筆名で小説を発表。〈EQMM〉初代編集長。2001年、『推理作家の出来るまで』で第54回日本推理作家協会賞、02年、第6回日本ミステリー文学大賞受賞。03年没。

「2015年 『不思議の国のアリス ミステリー館』 で使われていた紹介文から引用しています。」

七十五羽の烏 ―都筑道夫コレクション<本格推理篇> (光文社文庫)のその他の作品

都筑道夫の作品

七十五羽の烏 ―都筑道夫コレクション<本格推理篇> (光文社文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする