槍ヶ岳 幻の追跡 (光文社文庫)

著者 :
  • 光文社
3.40
  • (0)
  • (2)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 12
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (275ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334734725

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 槍ヶ岳直下の坊主岩小屋で、恋人に宛てた遺書が発見された。
    山岳救助隊員・紫門一鬼は付近を捜索するが、遺体は発見されず、それらしき人物の失踪届も無い。
    遺書はいたずらか、それとも…。
    新聞の記事を見て名乗り出てきた来宮亜綺子の話は、紫門にある重大な疑惑を抱かせた―。
    (アマゾンより引用)

    登場人物が複雑に絡み合ってるから途中何だかゴチャゴチャになってきた(笑)
    でも内容的には面白かった(*^ω^*)

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

1933年長野県生まれ。80年『九月の渓で』で第3回エンターテイメント小説大賞受賞。長年の登山経験を活かした山岳ミステリーや、都会人の複雑な人間模様を主題にした作品に定評がある。『百名山殺人事件』『白神山地殺人事件』等著書多数。

「2019年 『黒白の起点 飛騨高山殺意の交差』 で使われていた紹介文から引用しています。」

梓林太郎の作品

槍ヶ岳 幻の追跡 (光文社文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする