京都駅殺人事件 (光文社文庫)

著者 :
  • 光文社
3.47
  • (4)
  • (1)
  • (14)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 57
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (300ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334734800

作品紹介・あらすじ

東京の浪人生・橋本真人の部屋で同級生の撲殺死体が見つかった。時限爆弾を作っていたらしい橋本の行方を追う十津川警部は、京都駅爆破を予告する脅迫状が届いたことを知り、京都へ向かう。「自分たちで新しい駅舎を破壊しろ」という要求の真意を測りかねているとき、京都駅3番ホームで爆発が起きた!脅迫犯人の真の目的は何か!?好評「駅」シリーズ第8弾。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 社会派,西村京太郎の面目躍如。

    「現代建築と日本の伝統」という卒業論文を描いた建築家がいた。
    新しい京都駅に対する不満から,京都駅の破壊を企てる。

    若い男性が手先となって,動く。
    真犯人になかなかたどり着かない十津川警部。

    鉄道推理小説の王道ではないが,駅は鉄道と都市の大事な要素だと思う。都市の要素としての駅は美しいことが条件ではないだろうか。

  • 101225

  • [2004sp? 2003? - ?]

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

1930年東京生まれ。65年『天使の傷痕』で江戸川乱歩賞を受賞。81年『終着駅殺人事件』で日本推理作家協会賞を受賞。2004年には第8回日本ミステリー文学大賞を受賞。トラベル・ミステリーで活躍。

「2018年 『房総の列車が停まった日』 で使われていた紹介文から引用しています。」

京都駅殺人事件 (光文社文庫)のその他の作品

西村京太郎の作品

ツイートする