十手小町事件帳 (光文社文庫)

著者 : 六道慧
  • 光文社 (2003年5月13日発売)
3.25
  • (1)
  • (0)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
  • 11人登録
  • 1レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (347ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334734947

十手小町事件帳 (光文社文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 六道慧さんがSF・ファンタジー小説から時代小説路線に変更する前、ファンタジー色を残し書き上げたという作品。(御算用日記シリーズ終盤の対談で六道さんの経歴を読み借りる)良縁を取り持つ「寿屋」仲人は美貌の二十歳、加納蒼生。裏稼業は探し出せないものはない妖堂の、人呼んで十手小町、仲間に男装の御庭番・真琴、そしてお銀、美弥、乙葉の三妖娘を従え刺客霞の半蔵の快楽の妖術に立ち向かう…。都合の良い忍術の連発で混迷やや挫折気味で読了、続編にまろばし牡丹、ひよりみ法師、いざよい変化とあるがこのシリーズはもう読まない。

全1件中 1 - 1件を表示

十手小町事件帳 (光文社文庫)のその他の作品

1-B00MVL7B2Gの詳細を見る Kindle版 1-B00MVL7B2G 六道慧

六道慧の作品

十手小町事件帳 (光文社文庫)はこんな本です

十手小町事件帳 (光文社文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする