記憶の中の殺人 (光文社文庫)

著者 :
  • 光文社
3.25
  • (1)
  • (3)
  • (16)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 80
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (378ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334735111

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 推理小説。


    残りのページが少なくなってくるにつれ、寂しくなってきました。
    終わらないでくれー!!!って。

    読み終えるのは嫌やけど、、、でも次のページへと進めちゃう。


    例えて言うなら、大好きな昼ドラ(花王愛の劇場の方、平和でズッコケな話の方)がもうすぐ最終回って時の気分。

    それだけ感情移入したのカモ。


    主人公,浅見光彦のファンの為に建てられた、浅見光彦倶楽部クラブハウスへ行ってみたいです

  • 兄の初恋と絡んだ、浅見光彦が子どもの時に体験した事件の記憶。内田康夫の中では、ちょっと異色って感じがして、私的には気に入っています。

  • 春分の日の午後、僕は軽井沢のセンセから平塚亭に呼び出された。春のお彼岸に内田家の墓に花を飾る女性がいるので調査してほしいという。ひと月後、内田家の隣の墓の持ち主が殺された。兄・陽一郎は被害者とは旧知の仲らしい。それは幼少時の僕だけが憶えていない軽井沢の事件につながっていて……。
     浅見光彦自身の言葉で語る、過去と現在を結ぶ殺人事件!

  • (あさみさとる)

  • 光彦さんが記憶にない子どもの頃の夏休みを思い出しながら、殺人事件を追う・・・
    お兄さんも活躍。

全5件中 1 - 5件を表示

記憶の中の殺人 (光文社文庫)のその他の作品

内田康夫の作品

ツイートする