忘却の村 完全なる飼育 (光文社文庫)

著者 : 松田美智子
  • 光文社 (2003年10月10日発売)
2.67
  • (0)
  • (1)
  • (3)
  • (1)
  • (1)
  • 本棚登録 :11
  • レビュー :4
  • Amazon.co.jp ・本 (261ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334735746

作品紹介

調査員・倉橋紀之は、翡翠の指輪盗難事件を巡り、伊能麻衣子と知り合った。母親を亡くしたばかりの彼女は、故郷の小さな村まで遺骨を届けることに。ストーカー被害で不安な麻衣子は倉橋に同行を求めた。二人が辿りついたのは、車も通らない山の奥。村の入口の門が閉じられた時、倉橋の背筋に冷たいものが走った…。忘れられた村が「完全なる飼育」を開始する。

忘却の村 完全なる飼育 (光文社文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 調査員として働く紀之が請け負ったある女性の依頼が、彼の運命を変えた。
    知らない村に連れていかれた彼の運命と真実は?

    2016.6.23

  • 誘拐飼育事件をテーマに何作か書いている著者の作品に余り期待しなかったのだが、意外に面白かった。伝奇ミステリーといった趣の作品。

    調査会社の調査員・倉橋紀之が翡翠の指輪盗難事件を調査するうちに山口県の奇妙な村の禁忌に触れていく。

    著者は松田美智子のペンネームで多くのノンフィクション事件ノベルを書いている他に雨宮早希のペンネームで『EM・エンバーミング』シリーズも書いている。

  • つまんない

全4件中 1 - 4件を表示

忘却の村 完全なる飼育 (光文社文庫)のその他の作品

松田美智子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
沼田 まほかる
有効な右矢印 無効な右矢印

忘却の村 完全なる飼育 (光文社文庫)はこんな本です

忘却の村 完全なる飼育 (光文社文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする