午後の足音が僕にしたこと (光文社文庫)

著者 :
  • 光文社
3.40
  • (3)
  • (0)
  • (6)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 21
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (271ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334736002

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • それぞれつながりのなさそうな短篇集だと思いきや、最初と最後の話がつながる仕掛けが秀逸です。

  • これはストライク。短編集。
    最初と最後の話が繋がっていて、ラストまで読んでやっと納得。素晴らしいトリック。

  • 22編の短編集。初めは、互いに関連のないイメージの羅列のような感じだったのが、次第に「この“僕”と“僕”は同一人物かな?」と思う話が続き、最後の「あとがき」まで読んで一連のビーズのような話の連なりが見えます。でも、やっぱり関連のないお話たちもあって。図書館の地下、バリ島ビーチ、パタゴニアの牧草地帯。ゆったりとした時間の流れを感じられる短編集でした。

全3件中 1 - 3件を表示

午後の足音が僕にしたこと (光文社文庫)のその他の作品

薄井ゆうじの作品

ツイートする