妖魔王 (光文社文庫)

著者 : 菊地秀行
  • 光文社 (2004年4月14日発売)
3.33
  • (1)
  • (2)
  • (5)
  • (1)
  • (0)
  • 21人登録
  • 2レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (490ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334736637

妖魔王 (光文社文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • “念法”の達人である工藤明彦は、妖物化に苦しむ運命の女・南風ひとみを救うため、「神」との交渉条件を呑む。それは、妖魔と化してこの世界に帰ってきた古代神話上の復讐者から、あるものの生まれ変わり・結城みずほを守ることだった。獣欲をそそる肉体を持つみずほへ、復讐者は激しい陵辱の魔手を!念法一閃!「媚獄編」「淫神編」を一挙に楽しめる痛快傑作。

  • 読み終わりました、菊池秀行の『妖魔王』。

    これ・・・因幡の白兎の話が元なのね。こんな話を元にするなんて・・・すごい発想だぁ!

    大黒様(大国主命)から依頼を受けた工藤という念法の達人は、過去の因縁により復讐者に狙われるある女性を守ることになる。
    復讐者というのが鱶(ふか)で、女性は兎の生まれ変わりだったのですねぇ・・・って、いきなりネタ晴らししてよかったのでしょうか・・・。
    しっかし、この大黒様ってのが、エロいわ金にうるさいわで、あの兎を助けた大国主命のイメージとはほど遠い存在で、しかも感情的になって小槌を振って人を消してしまったりして。
    兎の生まれ変わりである女性は、工藤から身を守ってもらいながら、大黒様の怒りをかって消された夫のために、のぞき部屋で働いてお金を稼ぐ羽目に。その女性を執拗につけねらう鱶の生まれ変わりの男によって、普通の世界が突然海に変わってしまったり、不思議な妖魔の世界が繰り広げられます。

    エロエロな不思議な世界でしたぁ

全2件中 1 - 2件を表示

妖魔王 (光文社文庫)のその他の作品

妖 魔 王 (光文社文庫) Kindle版 妖 魔 王 (光文社文庫) 菊地秀行

菊地秀行の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
宮部 みゆき
坂東 真砂子
宮部 みゆき
遠藤 周作
ジェイムズ・P・...
有効な右矢印 無効な右矢印

妖魔王 (光文社文庫)はこんな本です

ツイートする