ただならぬ午睡 (光文社文庫)

  • 447人登録
  • 2.97評価
    • (11)
    • (10)
    • (135)
    • (23)
    • (7)
  • 31レビュー
制作 : 日本ペンクラブ  江國 香織 
  • 光文社 (2004年5月13日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (230ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334736798

ただならぬ午睡 (光文社文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 気だるい恋愛アンソロジー。
    私の好みではなく、飛ばし読み。
    どれもこれも苦手な話ばかりでした。

  • 恋愛をテーマにしたオムニバス。
    見事にどの話もピンとこなかった。

  • 読みたい話が入ってるから借りてみたら、恋愛小説アンソロジーってなっててびびった。と思ったら、中身は癖がありまくりで更にびびった、と言う。この雰囲気は嫌いじゃないけど、さすがに連続で来るとお腹がもたれるかな。

  • 吉行淳之介で始まりチェーホフで終わる、恋愛小説アンソロジー。強烈な作品が次々と出てきて、それこそただならぬセンスを感じる。
    個人的には安西水丸の「ホテル・ダンディライオン」がよかった。

  • チェーホフが良い
    昔の話なのに、ちっとも古びてない!チェーホフよどみねぇな!
    平林たいこの話は怖いっていうか、はらたつのりだね。
    村上龍はこの人は大体いつもこんな感じですよね。って。
    江国香織は読みやすいけど、一つだけ異質な感じ。

  • 江國香織の「十日間の死」のみ、読了。

  • 江國香織さんが好きで手にとった本だけれど、
    江國さんの短編以外はあまりぴんとくるのがなくて
    むしろ風変わりだったり、あまり甘やかさを感じられなかったり・・・

    好きな作家を新しく見つけられるか期待したけれど、
    やはり江國香織さんの作にしか自分はフィットしなかったなぁという感がある。

  • 恋愛アンソロジーということで、魅惑的でドキドキなストーリーの数々をきたいしていたのですが、そういう意味では期待はずれでした。でも、尋常でなくて、実際には経験したくない恋愛模様が描かれていて、そういう意味では刺激的でした。そんな中で「シャトー・マルゴー」はちょっと魅惑的だったかも。どんな香りなのか、私もそれだけは味わってみたいです。

  • 江國香織さんがすきで手に取った小説
    短編集

    江國香織さんの十日間の死は泳ぐのに、安全でも適切でもありませんに入っていた。

    恋愛小説アンソロジーということで八人の小説家の短編集。
    んーあんま好きじゃない。だらだらとした感じ。
    処女だとかそんなはなし。
    村上龍さんのシャトー・マルゴーはなんだか読んでて飲んでみたくなった

    解説で江國香織さんが述べている
    ――恋は人を暴く。一人の男のなかの男性を暴き、一人の女のなかの女性を暴く。だからおもしろいし、だから、とても人にすすめられない。

    現実があやうくなるほどの、めくるめく鮮烈な恋の話

  • 2004年5月18日購入。
    2004年5月30日読了。

全31件中 1 - 10件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
江國 香織
有効な右矢印 無効な右矢印

ただならぬ午睡 (光文社文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする