江戸川乱歩全集 第1巻 屋根裏の散歩者 (光文社文庫)

著者 :
  • 光文社
3.76
  • (103)
  • (80)
  • (174)
  • (5)
  • (2)
本棚登録 : 821
レビュー : 85
  • Amazon.co.jp ・本 (740ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334737160

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 江戸川乱歩大好きです!

  • 屋根裏の散歩者は名作ではあるが、現在においても斬新なアイデアとして通っている。

    江戸川乱歩は推理小説の第一人者とか言われているのですが、彼の作品は推理小説というよりも、奇怪な作品といったほうがいいのかもしれません。

    明智小五郎の活躍は奇妙でかつ魅力的な探偵です。
    ダブるといえば、横溝正史の金田一耕助ですね。
    頭がぼさぼさで世離れしているような風情。
    好きです、こういう外見とのギャップの激しいキャラクターが!

    江戸川乱歩の文章は視点もしっかりしており、一つに絞り、必要な時だけ神様視点。
    最大評価すべき作品です。

  • 学童の本棚にあった「怪人二十面相」、「少年探偵団」を読んでそれからちょびちょび乱歩ファンです。時々、無性に読みたくなる。この本もかなり前に読んだけど面白くて特に「屋根裏の散歩者」「人間椅子」は今も覚えてる。

  • 表題は乱歩の有名作。しかしながら本書は740Pという厚み。
    大正の古さを感じるものの、奇才・乱歩の文章は
    現代人の私が読んでもとても楽しめる。
    少年探偵や明智小五郎で有名な乱歩だけど、
    「鏡地獄」「人間椅子」「双生児」辺りが好き。

    本書はデビュー作から始まる12作品の短編が入っている。

  • 江戸川乱歩は成人するまでに読むべし!!!
    人に対する考え方が変わりました。さて、屋根裏の散歩者は私が今まで読んだ本で唯一、声を出して驚いた作品です。

  • <A HREF="http://tg.cocolog-nifty.com/diary/2005/12/__0070.html" target="_blank">2005年12月10日</A>

  • 超短編集。全巻読破したいけどなー。

  • エロスって感じ

  • 郷田三郎にナリタカッタ。

  • これは買った方が良いと思う。
    この湿った空気を感じたいと思う瞬間は少なくない。

全85件中 61 - 70件を表示

著者プロフィール

江戸川乱歩(えどがわ らんぽ)
1894年10月21日 - 1965年7月28日
日本を代表する小説家・推理作家。三重県生まれ。ペンネームの江戸川乱歩は、小説家エドガー・アラン・ポーに由来。早稲田大学で経済学を学びながらポーやドイルを読む。様々な職業を経験した後、大正12年、雑誌「新青年」に「二銭銅貨」でデビュー。昭和22年、探偵作家クラブ結成、初代会長に就任。昭和29年、乱歩賞を制定。昭和32年から雑誌「宝石」の編集に携わる。昭和38年、日本推理作家協会が認可され理事長に就任した。代表作に『D坂の殺人事件』、『陰獣』、『孤島の鬼』、『怪人二十面相』、『幻影城』、『探偵小説四十年』など。少年探偵団シリーズは絶大な人気を博した。

江戸川乱歩全集 第1巻 屋根裏の散歩者 (光文社文庫)のその他の作品

江戸川乱歩の作品

ツイートする