ぶたぶた日記 (光文社文庫)

著者 :
  • 光文社
3.96
  • (67)
  • (92)
  • (65)
  • (4)
  • (1)
本棚登録 : 516
レビュー : 99
  • Amazon.co.jp ・本 (210ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334737290

作品紹介・あらすじ

ぶたのぬいぐるみが生命を持ったら!?見かけはかわいいぬいぐるみだが、中身は知恵も分別も人一倍ある中年男・山崎ぶたぶた。義母(?)の代理でカルチャースクールのエッセイ講座に通うことになったぶたぶたが、仲間の生徒たちの人生に温かな波紋を広げてゆく…。くすっと笑えて、静かな感動が残る-ご存じ超人気シリーズ新作が、書下ろしで登場。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ブクログ仲間さんからのおすすめの ぶたぶたさんシリーズ。どれから読んだらいいのか悩んでいたけど、どれからでも大丈夫ってことで、まずはこの1冊。

    も~なんて素敵なんでしょう!ぶたぶたさん。
    黒ビーズの点目、つきでた鼻、ピンクのかわいいぬいぐるみ。でも声は渋くて 妻子もいる、ビールも飲む!このギャップがなんともいえず、想像してはくすっと笑ってしまいます。

    そのぶたぶたさんが エッセイ教室に通い、そこの教室に通っているそれぞれ悩みを抱えたひとたちと出会います。彼らはぶたぶたさんと出会うことで 少しずつ前向きになっていきます。ぶたぶたさんにはまわりの人達を勇気付けてくれる力があるんだな~。ぶたぶたさんの書くエッセイがまた素敵。くすっと笑えるもの、ホロッとさせるもの。
    私もぶたぶたさんに会いたい!!

    心をほっこりさせてくれる、まさに癒しの本です。

    • まろんさん
      noboさんも、ついにぶたぶたナカマに!(ノ^∇^)ノ゚.+:。

      あの、あまりにかわいらしすぎる外見と
      さりげなく周囲に気を配って手を差し...
      noboさんも、ついにぶたぶたナカマに!(ノ^∇^)ノ゚.+:。

      あの、あまりにかわいらしすぎる外見と
      さりげなく周囲に気を配って手を差し伸べる、
      あの溢れるような包容力のギャップが素敵ですよね♪♪♪
      そうそう、noboさんも書かれてる通り、この作品では
      出だしの数行で読み手の心をしっかり掴んでしまう
      ぶたぶたさんのエッセイにも感激しました(*^_^*)
      2012/08/16
  • 普段は行かない書店の古書コーナーで発見!!即購入です(笑
    もうぶたぶたさんの虜すぎる、私。

    さて今回、ぶたぶたさんは義母の代わりにエッセイ教室へ通うようになる。
    エッセイ教室は2週間おきの6回講座。
    それになぞらえて6編の短編が収められている。
    また、6編の主役はそれぞれ、講師を含めて教室でぶたぶたさんに出会った人たちのそれぞれの視点で描かれており、ぶたぶたさんという、いわば"非日常の存在”が中心となって彼らの日常を少しずつ暖めていく作品だった。

    ぶたぶたさんがどうしてあんなに練られた人格なのか、それを垣間見るような、最後の1編。
    甘いと思って食べた果物が、思いのほか苦かったみたいに、胸にちくりと痛みが走る。
    ぶたぶたさんの存在を「ファンタジーだから」とどこかでタカを括っていたのは私自身だったかもしれない。

    ぶたぶたさんはつよい。本当の意味でやさしい。
    ああ、もっと人の痛みに目を向けなくちゃ。

    • nobo0803さん
      まろんさん繋がりでたどりつきました。
      ぶたぶたさんシリーズ、まだこの1冊なんですが
      私もすっかりぶたぶたさんの虜になってしまいました。
      本棚...
      まろんさん繋がりでたどりつきました。
      ぶたぶたさんシリーズ、まだこの1冊なんですが
      私もすっかりぶたぶたさんの虜になってしまいました。
      本棚も拝見させていただきました。私の気になっている本がたくさんあり、素敵なレビューを書かれているのでこれからの参考にさせていただきますね!!
      2012/08/16
  • 『ぶたぶたと秘密のアップルパイ』でぶたぶたさんデビューを果たした私ですが、
    食いしん坊なあの人のことだから、次はきっと『ぶたぶたの食卓』だな!
    というブクログ仲間さんたちの期待を裏切って(?!)
    『ぶたぶたの食卓』へと伸びようとする手を強い意志の力で押しとどめ、
    (がんばったね!えらいぞ!←なにが?)
    読み始めた『ぶたぶた日記』!

    やっぱり素敵です、ぶたぶたさん♪

    義母の代理で通うことになった日記エッセイ講座のために
    急遽、当日の昼間に書き上げた課題の完成度の高さといったら!
    いつも言いたいことを詰め込みすぎて、
    ひとつのセンテンスが無駄に長くなってしまう私には
    眩しすぎる、あの文章。。。

    そして課題の日記エッセイに腕を振るうのみならず、
    同じ講座に通う5人の老若男女が抱える悩みまで
    さりげなく相談に乗り解決に導いてしまう、あの懐の深さ!

    幻の(?)ボツ原稿をはじめ、ぶたぶたさんの6作のエッセイが読める上に
    本人の口からは決して語られないであろう
    「ぶたぶた」であるが故の苦労や恐怖まで意外なルートで明かされて
    ぶたぶたさんファンの心をくすぐる、素敵な1冊です♪

    • まろんさん
      おお!食べ物関係のがあと3冊も?!
      次はガマンしないで、素直にそちらのおいしそうなほうにしようっと♪

      確かに、ぶたぶたさんったら、小さな体...
      おお!食べ物関係のがあと3冊も?!
      次はガマンしないで、素直にそちらのおいしそうなほうにしようっと♪

      確かに、ぶたぶたさんったら、小さな体で
      普通にビールをグビグビおかわりしてたりするものね。。。
      飲むや否や、即座に表面の布地から発散されるとか?!
      2012/07/28
    • 永遠ニ馨ルさん
      そこは突っ込んじゃいけないんです!(きっと)>食べたもの飲んだものは いったいどこへ~

      私もさきほど、こちらの本、読み終わりました!
      ぶた...
      そこは突っ込んじゃいけないんです!(きっと)>食べたもの飲んだものは いったいどこへ~

      私もさきほど、こちらの本、読み終わりました!
      ぶたぶたさんのエッセイを読めるなんて、
      私たち、しあわせものですよね♪
      ぶたぶたさんの懐の深さと大人の分別はやはり、相応の苦労があったんですよね。
      それを思うとやっぱり、ぶたぶたさんは素敵だなぁ、私もそんな大人になりたいなぁって思います。
      2012/07/29
    • まろんさん
      永遠ニ馨ルさん、こんばんは♪

      ほんとに、私たちってしあわせもの(*'-')フフ♪
      それにしても、「ぶたぶたさん」であるための苦労と恐怖を読...
      永遠ニ馨ルさん、こんばんは♪

      ほんとに、私たちってしあわせもの(*'-')フフ♪
      それにしても、「ぶたぶたさん」であるための苦労と恐怖を読むと
      それをおくびにも出さずに穏やかに振舞うぶたぶたさんを、ますます好きになっちゃいますよね♪
      2012/07/29
  • ぶたぶたさんの5つ目です。

    今度のぶたぶたさんは、お義母さん(?!笑)の代理で出席することになった
    カルチャースクールでのお話です。

    『日記エッセイを書こう』講座。申し込んでいたお義母さんの都合が悪くなり
    キャンセルするのはもったいないからと、時間の都合がつくぶたぶたさんが
    出席することに...。

    そこで出会った人たちと、ぶたぶたさんとの温かなふれあいの連作ストーリー。

    先生や生徒のみなさんとの触れ合いが、心温かなのはいつもながらですが
    「もっと大きくなりたい」という子どもたちの願いが
    なんとも微笑ましかったです。親孝行なのね。^^

    ぶたぶたさんの父親としての存在は大きいのだ。(笑)

  • 初めてのぶたぶたさん♪楽しく読んで、最後はちょっと泣けた(;o;) ピンクのぶたのぬいぐるみなのに中身は中年男って面白い!でも大変なんだな(--;)それに負けないぶたぶたさんは素敵!シリーズいっぱい出てるみたいなので頑張って読んで制覇したい(^o^)♪

  • 桜色したバレーボールのような丸い頭。ブタの着ぐるみ‼中身はおっさん。 その名は、山崎ぶたぶたさん『義母の代理でカルチャースクールのエッセイ講座に通うことになったぶたぶたさん。仲間の生徒たちの人生に温かな波紋を広げてゆく……。』今回は、「今までで一番怖かったこと」うるうる(╥ω╥`)。シリーズ化してる作品ですが、毎回、ぶたぶたさんの役柄変わるので、どれから読んでも面白いです。明るい物語を読みたい時はぶたぶたさんに限る

  • 読み終わりました。

    一話
    ハプニングがあって、
    ぶたぶたさんが変わりにエッセイ講座に。。

    私も義母⁉とびっくりしたり、
    まさか義母が登場するとは……どんな人なんだろうと気になりました。

    こんな風にぶたぶたさんの家族が出てくるの嬉しいですね!

    一緒に磯貝さんとご飯食べるシーンが出てきたのですが
    上手く言えないけど、
    食事以外でも
    ぶたぶたさんにとっては何気ない普通な行動なんだけど、
    何だかこういう何気ないことが愛しいというか。。
    読んでいて和みますね……

    もっとぶたぶたさんの日常が知りたいと、そう感じました。


    二話、三話。。
    ネタが見つからなくて行き詰まっちゃう……
    でもぶたぶたさんのアドバイスで


    面白かったなー

    最後良かったと思った。


    『できないと思ってもやってみること。
    今日できなくても、明日にはできるようになっているかもしれないから。』
    今回も色々な言葉、響いたな。。
    私自身も勇気付けられるというか・・・がんばろうって





    二話のぶたぶたさんのエッセイを読んで

    三話でやっぱりこの子か!と思ったのが始まりで、

    私でも気になりますよー
    ついていきたくなる気持ち分かります。(笑)

    文字を読むごとに
    一緒についていってるような不思議な気持ちでした。


    最後良かっな。。

    四話
    ぶたぶたさんの小説を考えるシーン。。

    もしかしたら作家様もこんな風に
    試行錯誤しながら色々と考えていたのかなと、
    つい思ってしまいました。。



    アメリカのお友達は、
    ぶたぶたさんの子供が会った
    もしかしてクリスマスのぶたぶたに出てきた子かなと、繋がってる?と
    勝手につい思ってしまいました。( 〃o〃)違うかな?


    五話
    なかなか信じてもらえないのが
    読んでいて、辛かったな。。

    どんなに説明をしても
    分かってもらえない……
    私も、何で⁉と何度思ったか……苦笑


    でも最後は、ちょっと爽快。。


    人間だから、信じない人もきっといると思うけど
    もどかしかったな・・・


    六話。。
    私も職探しの身で、
    頑張ろうと思えたり勇気づけられました。。
    (ありがとうございます!)


    シュルシュル・・・と小さくなっていくの表現が
    何だか不思議な世界へ迷い込んだような
    不思議の国のアリスのようで



    もし、ぶたぶたさんの身になって考えたら

    殺人とか怖いことしない世の中になるのに
    戦争をしない平和な世界になったら
    どんなにいいか。。




    あとがきを拝見したのですが、
    この本がシリーズ復活みたいですね。。


    今まで読んだ『ぶたぶた』『刑事ぶたぶた』『ぶたぶたの休日』『クリスマスのぶたぶた』
    今、思うと全部徳間文庫の
    ぶたぶたさんは読んだんだなと、

    現在はもういっぱい本が出てるみたいで
    ぶたぶたさんに会うの楽しみで仕方ありません( 〃▽〃)

    色んな気持ちにさせてくれるぶたぶたさんの本
    出会えて良かったです!

    癒されてます





    私も文章を考えたりするの好きなので、
    読んでいて楽しかったな。。

    ぶたぶたさんのエッセイ
    (あぁ。。だからぶたぶたの日記というタイトルなんだな)
    エッセイ、面白かったな。。
    もっと色々なのも
    読んでみたいと思いました( 〃▽〃)


    『そう。いやなこととかも楽しく書けば、けっこうすっきりするもんです』
    なるほど・・・と思いました。。

    • なめこさん
      yumiieさん
      はじめまして、こんばんわ。イイネボタンを押してくださってありがとうございます(#^.^#)
      yumiieさん
      はじめまして、こんばんわ。イイネボタンを押してくださってありがとうございます(#^.^#)
      2017/08/21
    • yumiieさん
      なめこさんこんばんは♪そしてはじめまして!
      あの..こちらになめこさんからメッセージを頂いていたこと
      実は先ほど、たまたま自分の過去のレ...
      なめこさんこんばんは♪そしてはじめまして!
      あの..こちらになめこさんからメッセージを頂いていたこと
      実は先ほど、たまたま自分の過去のレビュー記事を読み直していて
      気が付いたのです。こんなに遅くまで気が付かずにいて本当にごめんなさい。
      ありがとうございました。

      ぶたぶたさん、発行順に読んでいらっしゃるんですね♪
      私もゆっくりぺーすですが発行順で読んでいます。
      体が疲れているときや、長編の小説を読み続けた合間などに
      心をほぐしてもらえてほっとします。^^

      本棚を拝見させて頂きました。
      フォローさせて頂きますね。
      よろしくお願いいたします♪^^
      2017/11/22
  • すっかり、ぶたぶたさんにはまった。
    光文社からの出版はこれが最初の一冊?
    最初の一冊の他は、タイトルが『食』に関するものばかり選んで買ったが(作者の食べ物の描写が好きなので)、全部大人買いすればよかったかな?
    癒されると同時に、みんな様々な事情や悩みを抱えて、一生懸命生きてるんだな~と、当たり前のことを気づかせてくれる。
    ぶたぶたさん自身の悩みも、この本には描かれていた。

  • 一度、文庫本で読んでるの。
    読んでて、持ってるのに、Kindleで出てるのを知ってまた買っちゃった。←アホ
    夜、寝る前にiPhoneでぼんやり(?)読むのにいいかな、って。
    結果、ホントに癒されてたりして。

    普段はミステリー系とか医療モノが好きで読むんだけど、なにも考えずに読み進めてホッコリできる本て、大事だなー、と思う。
    子供の頃、
    「このぬいぐるみが動いたらいいのに」
    「話せたらいいのに」って思ったこと、ない?
    それが本の中で実現したと思ったら、中身はおじさんで、フツーに食事もして、お酒飲んで、お風呂にまで入っちゃう。
    意外に料理上手。
    なぜか豚系のモノをよく食べてたりとか(笑)。

    想像してたあの頃の感じとは少し違うけど、なんだか楽しくてホッコリして、たまにちょっと勇気づけられるいいお話しが詰まってます。
    元気のない時に、ぜひ。

  • ぶたぶたさんのシリーズは一度読んだら病みつきになる。
    かわいくて、癒される。
    でも単にかわいくて、ほっこりくるだけじゃない。
    だから好き。

全99件中 1 - 10件を表示

ぶたぶた日記 (光文社文庫)のその他の作品

矢崎存美の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有川 浩
米澤 穂信
有川 浩
有効な右矢印 無効な右矢印

ぶたぶた日記 (光文社文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする