秋田殺人事件 (光文社文庫)

著者 :
  • 光文社
3.29
  • (3)
  • (4)
  • (23)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 78
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (364ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334737955

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • お馴染み浅見光彦シリーズ。今回は、秋田を舞台にしたもの。ただ、浅見が偶然事件に出会うのではなく、兄陽一郎の後輩である秋田県副知事の私設秘書として事件を捜査するといういつもとは違う立場。従っていつもの留置場のシーンは無い。 どうも、最後の最後が尻切れトンボというか、無理矢理既定のページ数に押し込めた感じがする。どこがかと言うと、浅見がレポートをまとめて警察庁刑事局長である兄の陽一郎に報告するところまではいいんだけど、そこから秋田県警の関係者の処分までがはしょられている印象を受けた。ウラも取らずに強引に中央が人事異動させてもいいんだろうか?って疑問が・・・。もし裏を取る作業をしているとしたら、その部分ははしょられている訳で。でもそこを描写しても単なる説明になるので、省略

  • 内容(「BOOK」データベースより)

    “警告、秋田には魔物が棲んでいる。”巨額の使途不明金問題で大揺れの秋田県に、副知事として赴任する望月世津子に届いた、不吉な警告文。大学の後輩である世津子の身を案じた浅見陽一郎は、弟の光彦に私設秘書としての同行を依頼した。さらに二つの不可解な自殺事件が…。旅情ミステリーと社会派の見事な融合。ボディガード・浅見光彦の名推理が巨悪を暴く。

  • 「石坂留美子」「望月世津子」「1億円」

  • ハラハラドキドキではないが、知らず知らずに柔らかく取り込まれてしまう。物語であるが、警察と議員のきたない繋がりの中、人間味あふれる素朴なフリーライターがホッとさせた。
    最後の恋の見えない結末も、想像力を働かしてくれ、良かった。

  • 〔警告、秋田には魔物が棲んでいる。〕巨額の使途不明金問題で大揺れの秋田県に、副知事として赴任する望月世津子に届いた、不吉な警告文。大学の後輩である世津子の身を案じた浅見陽一郎は、弟の光彦に私設秘書としての同行を依頼した。さらに二つの不可解な自殺事件が……。
     旅情ミステリーと社会派の見事な融合。ボディガード・浅見光彦の名推理が巨悪を暴く!

  • 政治と警察の癒着とか、地方体質など学べるミステリー。

全6件中 1 - 6件を表示

著者プロフィール

内田 康夫(うちだ やすお、1934年11月15日 – 2018年3月13日)
東京府東京市滝野川区(現・東京都北区)に生まれる。長野市出身の父の実家が戦災で被害を受けたため、長野市から戸隠山麓の村、秋田県羽後町、雄勝町、埼玉県、静岡県沼津市、秋田県秋の宮などに移り住む。
埼玉県立川越高等学校、東洋大学文学部国文学科中退。コピーライターや広告製作会社の社長を経て、小説を書く。1980年『死者の木霊』、1981年『本因坊殺人事件』を栄光出版社(当時。現在は別の出版社から刊行)から自費出版。3000部刊行の前者『死者の木霊』が朝日新聞書評で紹介されたことを機に、作家デビュー。1982年刊行された『後鳥羽伝説殺人事件』が商業デビュー作となり、ここで名探偵浅見光彦が誕生。浅見光彦が登場する作品は116事件。累計で約9700万部を発行、映画やドラマ化もされて人気を博した。推理・ミステリー小説だけでなく、随筆やファンタジーなども手がけた。2008年、日本ミステリー大賞を受賞。
2015年7月26日脳梗塞が見つかったために入院し、毎日新聞で連載していた浅見光彦シリーズ「孤道」は2015年8月12日で終了。後遺症の左半身麻痺のため2017年3月に作家活動を休止、『孤道』執筆分がまとめて刊行された。加えて中断された物語の結末を一般公募し、最優秀作を「完結編」として刊行するという、毎日新聞出版、毎日新聞社、講談社、内田康夫財団連名による「内田康夫『孤道』完結プロジェクト」が広く話題となった。募集は2018年4月まで行われた。募集期間中の3月13日、敗血症のため83歳で逝去。
完結プロジェクト最優秀賞は和久井清水さん「孤道 我れ言挙げす」に決定。2019年春に講談社から刊行予定。

秋田殺人事件 (光文社文庫)のその他の作品

内田康夫の作品

ツイートする