秋田殺人事件 (光文社文庫)

著者 : 内田康夫
  • 光文社 (2004年12月10日発売)
3.29
  • (3)
  • (4)
  • (23)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :74
  • レビュー :5
  • Amazon.co.jp ・本 (364ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334737955

秋田殺人事件 (光文社文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 内容(「BOOK」データベースより)

    “警告、秋田には魔物が棲んでいる。”巨額の使途不明金問題で大揺れの秋田県に、副知事として赴任する望月世津子に届いた、不吉な警告文。大学の後輩である世津子の身を案じた浅見陽一郎は、弟の光彦に私設秘書としての同行を依頼した。さらに二つの不可解な自殺事件が…。旅情ミステリーと社会派の見事な融合。ボディガード・浅見光彦の名推理が巨悪を暴く。

  • 「石坂留美子」「望月世津子」「1億円」

  • ハラハラドキドキではないが、知らず知らずに柔らかく取り込まれてしまう。物語であるが、警察と議員のきたない繋がりの中、人間味あふれる素朴なフリーライターがホッとさせた。
    最後の恋の見えない結末も、想像力を働かしてくれ、良かった。

  • 〔警告、秋田には魔物が棲んでいる。〕巨額の使途不明金問題で大揺れの秋田県に、副知事として赴任する望月世津子に届いた、不吉な警告文。大学の後輩である世津子の身を案じた浅見陽一郎は、弟の光彦に私設秘書としての同行を依頼した。さらに二つの不可解な自殺事件が……。
     旅情ミステリーと社会派の見事な融合。ボディガード・浅見光彦の名推理が巨悪を暴く!

  • 政治と警察の癒着とか、地方体質など学べるミステリー。

全5件中 1 - 5件を表示

秋田殺人事件 (光文社文庫)のその他の作品

内田康夫の作品

秋田殺人事件 (光文社文庫)はこんな本です

ツイートする