江戸川乱歩全集 第13巻 地獄の道化師 (光文社文庫)

著者 :
  • 光文社
3.51
  • (8)
  • (12)
  • (29)
  • (2)
  • (0)
  • 本棚登録 :127
  • レビュー :10
  • Amazon.co.jp ・本 (753ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334739195

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • エドガー

  • 日本の名作。

  • 暗黒星と地獄の道化師は特に良かった
    2つともどんでん返し系かな

    暗黒星では、一郎くんが個人的に好きだったりします

    幽鬼の塔は最初の方は良かったものの、なんだか尻すぼみ感が…
    あと、乱歩本人も書いてますが、乱歩の持ち味があまり出てないような感じもします

    大金塊は小林くんの冒険みたいな感じで楽に楽しく読めました
    ただ、最後の洞窟でのことは、孤島の鬼にだいぶかぶってるとこがあって、ネタ切れ感がありますね
    でも、孤島の鬼の諸戸たちに比べてこっちはまだまだ子供なのにあの精神力の強さは凄いな…なんて思ってみたり
    あと、明智が優しかったのが印象的です
    少年探偵団シリーズは未読ですが、明智は子供には優しいんですかね

  • 探偵小説全盛の時代以降、
    清張の社会派推理が登場するのは必然だったのかも。

  • 見返し
    収録作品
    暗黒星
    地獄の道化師
    幽鬼の塔
    大金塊

  • 戦前の乱歩の最後の方の作品群です。

    それなりに面白いです。けど、マンネリ感も漂います。二十面相が出てこないのは、ちょっとマンネリ化をさけようとしたのかも。

  • 「暗黒星」「地獄の道化師」「幽鬼の塔」「大金塊」を収録

    以前、乱歩小説の登場人物は名前が似たようなのばかりで
    混乱すると書いたのですが、もう全集も半ばまでくると名前
    以外にも重複が見られます。
    それはトリックだったり犯人像だったり遺体の隠し場所だったり
    するのですが、タイトルまで似てきました。
    (「幽鬼の塔」と「幽霊塔」とか…)

    作品それぞれは面白いので気にならないのですが、全集を一気読み
    している私には大混乱を巻き起こすんであるんであります。
    そうじてやや、マンネリ気味であるんでありました。

    「~であるんである」というのは大隈重信の口癖だったそうです。
    (入学式かなにかできいた記憶が)

  • 2009/
    2009/

    暗黒星. 地獄の道化師. 幽鬼の塔. 大金塊. 私と乱歩 藤森照信著

  • 『暗黒星』
    明智小五郎シリーズ

    伊志田邸で上映された古いフィルム。主人である鉄造の息子・一郎の見た謎の夢。明智小五郎に調査を依頼する一郎。明智との電話中に襲われた一郎。右目から血の滴る写真。塔上から何者かに合図を送る一郎の姉・綾子。殺害された後妻・君代。襲われる明智。銃撃され重傷を。殺害された一郎の妹・鞠子。消えた綾子。謎の男の殺害事件。被害者の荒川と綾子の関係。誘拐された鉄造。地下室の磔。


    『地獄の道化師』

    『幽鬼の鬼』

    『大金塊』
    中に宮瀬不二夫君の家に侵入した謎の男。不二夫君をピストルで脅している間に下の部屋を荒らす盗賊たち。朝になり書生の喜多村に助けられる不二夫。荒らされていない部屋。明智小五郎に相談する宮瀬氏。謎のメモから部屋の中に隠されていた暗号の存在を明かす明智小五郎。宮瀬氏の一族が隠した大金塊のありかを示す暗号の半分を奪った賊。小林くんが不二夫君の身代わりになり宮瀬邸へ。ソファーを運び込む運送屋。ソファーの中に閉じ込めれ運び出された小林くん。囚われた小林君は明智小五郎の万能鍵を使い賊のアジトを捜索する。覆面を被ったボスの正体。暗号を取り返したら小林くん。明智小五郎による暗号解読。明智小五郎、宮瀬氏、小林くん、不二夫くんによる洞窟探検。はぐれた小林くんと不二夫くん。満ち潮により逃げ場を失う二人。金塊の発見。

  • 相変わらず帯を巻いた状態がよろしくないなぁ。(装丁の話)
    ちまちま読んでます。

全10件中 1 - 10件を表示

江戸川乱歩全集 第13巻 地獄の道化師 (光文社文庫)のその他の作品

江戸川乱歩の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

江戸川乱歩全集 第13巻 地獄の道化師 (光文社文庫)はこんな本です

ツイートする