鯨岩 (光文社文庫)

著者 :
  • 光文社
3.33
  • (0)
  • (1)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 11
感想 : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (241ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334739256

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • こちらはアメリカ軍と軍用地主という重いテーマを、又吉氏流小説に仕立ててある。
    ずっと意味深に物語を引っ張るナイチャーの女がウチナーの深遠なおどろおどろしさに逆転負けするところがおもしろい。

    P133 「やがて死んでいく人に愛されるって、とても安心できるの。不思議な感覚よ。」

  • ぬるい会話が笑える。みんなズレてる。ドラマがあるぶん、『豚の報い』のほうが印象強いけど。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

1947年沖縄生まれ。琉球大学法文学部史学科卒。1978年 『ジョージが射殺した猪』で第8回九州芸術祭文学賞受賞。  1980年 『ギンネム屋敷』で第4回すばる文学賞受賞。  1996年 『豚の報い』で第114回芥川賞受賞。

「年 『パラシュート兵のプレゼント』 で使われていた紹介文から引用しています。」

又吉栄喜の作品

鯨岩 (光文社文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×