江戸川乱歩全集 第22巻 ぺてん師と空気男 (光文社文庫)

著者 :
  • 光文社
3.50
  • (4)
  • (8)
  • (20)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 105
レビュー : 8
  • Amazon.co.jp ・本 (749ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334739423

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ワケあって再登録(読了は2008年)。

    中身の半分は児童向けに書かれた少年探偵団モノ。
    子供の頃、読んだ気がしていたけど、
    そうでもなかったと確認。
    つーか、怪人二十面相のコスプレ大会じゃないすか(爆)!

    「鉄人Q」
     明智小五郎の優秀な部下である少年探偵団の
     別働隊が活躍。
     誘拐・窃盗事件を起こしたロボットの正体は――。
     連載期間が重複したせいか、
     「仮面の恐怖王」のネタバレ部分があるので要注意。

    「仮面の恐怖王」
     1960年、雑誌『少年』に連載されていたという
     少年探偵団シリーズの一つ。
     怪盗「鉄仮面の男」vs明智小五郎、
     しかし、明智は囚われの身に――!?
     小林少年とポケット小僧が大活躍。

    「電人M」
     タコ型火星人風のロボットらが、
     月世界旅行テーマパーク宣伝のビラを撒く。
     そんな中、小林少年は「電人M」なる人物に
     呼び出され――。
     科学技術とその悪用の問題を取り扱った作品という
     触れ込みだが、
     結局は怪人二十面相のコスプレ大会!(爆)
     子供のうちに読んでおきたかった(笑)

    中編「ぺてん師と空気男」は、
    珍しく人が死なないし、
    最後はちょっとホッとする感じ。
    ぺてん師=伊東くんがカッコイイし。
    もちろん、身近にいたら嫌ですけどね。
    掌編「指」は本当に短い、
    けれどしっかり身の詰まったお話。
    ただ、既視感は否めません。
    具体的な例を思い出せないけれど、
    亜流を先に目にした覚えあり、なのです。

  • 『仮面の恐怖王』
    少年探偵団の井上君とノロちゃんが目撃した蝋人形館から逃げ出した鉄仮面の蝋人形。有馬氏の屋敷から盗まれた「虹の王冠」。明智小五郎をとらえ船上に監禁する仮面の恐怖王。明智を世話する少女。船上での対決から明智小五郎の脱出。少年探偵団の高橋君、木下君の目の前で映画館から現れ消えた黄金仮面。片桐氏の屋敷から仏像を盗み出すと予告する黄金仮面。少年探偵団・小林少年を誘いだし捕らえた黄金仮面。小林少年の脱出。ポケット小僧の尾行から発見した黄金仮面のアジト。仏像に化けた黄金仮面。明智小五郎に暴かれた黄金仮面の正体。小林少年とポケット小僧が捕らえられた洞窟。ゴリラに追われて逃げている内に落盤で閉じ込められてしまう。洞窟からの脱出。落盤に巻き込まれたゴリラの正体。

    『電人M』
    少年探偵団の長島君、有田君、中村君が目撃した東京タワーに立つ火星人。各地に現れ「月世界へ行こう」というチラシをまき散らす火星人。同じチラシをまくロボット。明智探偵事務所にかかってきた電人Mからの挑戦の電話。小林少年が接触した電人Mの手下。遠藤博士の秘密の研究を狙う電人M。遠藤博士の息子・治郎君の誘拐事件。密室の研究室から消える電人Mと治郎君。遠藤博士の屋敷の前に止まるシボレーの追跡。ガレージに入ったシボレーから消えた電人M。遠藤博士の助手・木村の正体。捕えられた怪人二十面相。ガレージに隠された秘密を暴く明智小五郎。怪鳥に乗り脱出した怪人二十面相。再びガレージに侵入する小林少年とポケット小僧。
    怪人二十面相のアジトに侵入したポケット小僧。二十
    面相が率いる盗賊団。遠藤博士の発明した爆弾の秘密。

    『鉄人Q』
    公園で遊んでいた北見君が見せてもらった謎の老人が作った「鉄人Q」。老人を襲い脱走した鉄人Q。村田ミドリちゃんの誘拐事件。銀行で金を奪った鉄人Q。その金を使った怪しい客を尾行する元チンピラ別動隊・鳥井君。上野の五重塔に監禁されるミドリちゃん。警官隊の突入。五重塔から逃走した鉄人Q。ポケット小僧が見つけた鉄人Q。尾行するポケット小僧。怪しい老人が操る鉄人Q。捕らえられたポケット小僧。脱出し小林少年に連絡をとるポケット小僧。アジトに踏み込んだ警官隊。逃走した鉄人Q。少年探偵団の中井くんと北見君が目撃した鉄人Q。捕らえられた二人。BDバッチを使って助けを呼ぶ二人。二人からの連絡で鉄人Qのアジトに侵入する小林少年とポケット小僧。中井くんと北見君を救出する小林少年。鏡の間、地下の森の冒険。中村警部と警官隊の突入。気球のついたエレベーターで逃走した鉄人Q。映画館から浅野行夫君を誘拐した鉄人Q。車での逃走中に現れた少年探偵団。運転手に化けた明智小五郎。正体を暴かれた怪人二十面相。プロペラを使った空中戦。

    『ぺてん師と空気男』
    「空気男」と呼ばれる野間。ある日汽車に乗っていると同じ室内に白紙の本を読み、耳からたらした紐をくわえる男がいた。理由を尋ね本を見せてもらうと、字の書かれた普通の本。ジョーカーの伊東との出会い。伊東の家に招かれ親しくなる二人。義足、義手をとり最後は首をとるなどのジョークを使った遊び。殺人ゲームがきっかけで接近する伊東の妻・美耶子。野間の部屋で二人でいるときに怒鳴り込み消えた伊東。消えた伊東と美耶子。伊東家の地下室でコンクリートを塗る伊東。美耶子を殺害して塗り込めたと考えた野間。現れた美耶子。戦後、新興宗教団体の教祖になった伊東が語る真実。

    『指』
    何者かに襲われ手首から手を切断した男。ホルマリンつけにされた手首。「指がよく動く」と話す男。意志が目撃した指。

  • 日本の名作。

  • ミステリー的な「謎」よりも、「映像」が重視されている2編です。でも、映像重視も、けっこう大事だと思います。これはこれで、ドキドキして好きです。

    まあ、やり過ぎ感もあるけれど。

    「ペテン師と空気男」も、ネタが割れているところはあるけれど、けっこう楽しいお話だと思います。わたしは、こういうのは好きです。
    でも、「ネタが割れてる」と書かれるのは、乱歩としてはつらいんだろうなぁ。

  • 見返し
    収録作品
    仮面の恐怖王
    電人M
    鉄人Q
    ぺてん師と空気男

    ・・・他

  • 2009/
    2009/

    仮面の恐怖王. 電人M. 鉄人Q. ぺてん師と空気男. 指. 私と乱歩 芦辺拓著.

  • タイトル作、これ映画化希望

全8件中 1 - 8件を表示

著者プロフィール

1894‐1965。明治27年10月21日三重県に生まれる。早稲田大学で経済学を学びながらポーやドイルを読む。様々な職業を経験した後、大正12年、雑誌「新青年」に「二銭銅貨」でデビュー。昭和22年、探偵作家クラブ結成、初代会長に就任。昭和29年、乱歩賞を制定。昭和32年から雑誌「宝石」の編集に携わる。昭和38年、日本推理作家協会が認可され理事長に就任。昭和40年7月28日死去

「2018年 『人間豹』 で使われていた紹介文から引用しています。」

江戸川乱歩全集 第22巻 ぺてん師と空気男 (光文社文庫)のその他の作品

江戸川乱歩の作品

江戸川乱歩全集 第22巻 ぺてん師と空気男 (光文社文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする