斬りて候 上 (光文社文庫)

著者 :
  • 光文社
3.50
  • (1)
  • (5)
  • (5)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 29
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (337ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334739928

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 次作から読んだので判らないところがあったがこれで解決。

  • 早苗さんの能力と胡蝶のイメージが次作と少し違う
    仕方がないか・・・

    政宗の位が決定ずけられる、法皇と霊元天皇と徳川との確執もう少し全面にでてればよかったのにな

    所司代ここでもう少し重要な役割をもてばよかったな シリーズに渡って所司代あやふやなんですよね

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

1940年生まれ。時代娯楽小説の王道を歩む「浮世絵宗次日月抄」「ひぐらし武士道」「ぜえろく武士道覚書」といった3つのシリーズで累計130万部を突破。拵屋銀次郎半畳記シリーズに『無外流雷がえし(上)(下)』がある。

「2018年 『俠客四 拵屋銀次郎半畳記』 で使われていた紹介文から引用しています。」

門田泰明の作品

ツイートする