男の涙 女の涙―せつない小説アンソロジー (光文社文庫)

著者 : 石田衣良
制作 : 日本ペンクラブ 
  • 光文社 (2006年1月発売)
3.07
  • (5)
  • (5)
  • (50)
  • (10)
  • (0)
  • 本棚登録 :125
  • レビュー :23
  • Amazon.co.jp ・本 (225ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334739980

男の涙 女の涙―せつない小説アンソロジー (光文社文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 瘋癲の果て さくら昇天(団鬼六)/話を読む(眉村卓)/真珠のコップ(石田衣良)/デューク(江國香織)/スターダスト・レヴュー(浅田次郎)/すべて世は事もなし(永沢光雄)/麦を噛む(伊集院静)/凧になったお母さん(野坂昭如)/有難う(川端康成)
    石田衣良さんの選んだオムニバス。

    短編集なので、パラパラと読めます。
    ただ、作家さんが集まっているので、好みもあります。
    私的には、石田衣良さんの作品を押します。好みじゃないのもありました。

  •  全9編のアンソロジー。石田さんが選んだだけあって、どれも短くても心揺さぶられる良作ぞろいだった。
     団さんの『瘋癲の果て さくら昇天』は、さくらの突然の死が、その理由さえわからないというのが本当に切なかった。
     眉村さんの『話を読む』と永沢さんの『すべて世は事もなし』は、一見穏やかに進むと思いきや最後に足元をすくわれて、語り方がうまいと思った。
     江國さんの『デューク』と伊集院さんの『麦を噛む』は、読み終わってから温かな気持ちが後を引くような物語だった。
     せつない小説、というのがこのアンソロジーのテーマなだけあって、どの作品も呼び起こされる感情を言葉にすれば、「せつない」といか言いようがないのだけれど、「せつない」とひとくくりにしてしまう中にも、何種類もの色が存在しているんだなあと実感した。

  • 浅田次郎のスターダスト•レビューが良かった。

  • 一回読んでも、心に響かなかったなぁ

  • 移動時間や待ち時間でさっと読めた。 どの短編も、深い事情を淡々とさらっと書かれている印象。 前半はなんとなく男性向けかなという感じ。
    せつなさ、、、なんとなくわかる気がするけど、あまりせつなくならなかったし泣けるほどではなかった。

  •  *

  • 本当にせつないわーー


    一番最初の、80歳のおじいさんの24歳の愛人が死んじゃった話は衝撃的なせつなさだったけど。



    こういうの、好き好きー(●´mn`)

  • 石田衣良さんの選んだオムニバスです

    時代やジャンルなどの異なる作家さんの短編が
    一度に楽しめるので、面白いと思います

  • 泣ける・・・かなぁ。せつない・・・かなぁ。
    終わりが幸せの方向に向かっているのは、せつない話ではないと思う。

  • 2006年5月23日購入。
    2007年11月20日読了。

全23件中 1 - 10件を表示

石田衣良の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
石田 衣良
石田 衣良
有効な右矢印 無効な右矢印

男の涙 女の涙―せつない小説アンソロジー (光文社文庫)はこんな本です

ツイートする