密室の鍵貸します (光文社文庫)

著者 :
  • 光文社
3.31
  • (71)
  • (276)
  • (461)
  • (93)
  • (21)
本棚登録 : 2489
レビュー : 293
  • Amazon.co.jp ・本 (310ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334740207

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 恋人に降られて、内内定をくれた先輩の所へ遊びに。
    その日、元恋人が殺されるわ、先輩は死んでるわ。
    一番奇妙なのは、誰も入ってきてないのに
    ナイフで先輩が刺されている事。

    元恋人が誰に殺されたのか、で先輩がどうして
    密室なのにナイフで刺されていたのか、まで
    ものすごく納得! の最後でした。
    が、要所要所が読んでいるのが面倒になる状態。
    コミカルといえばそうなのでしょうが、軽い、というより
    適当な仕事内容、としか言いようがない警察達。
    どうしても、文章が合わないです。

  • 話題の作家のほんなので手にとってみましたがかっかりした。展開や謎解きが突飛すぎるので、複雑(?)なトリックも底が浅く感じる。中学生向けなのかな。

  • うむ。おもしろくない。
    入り込めず、断念。

  • この人の本、やっぱり合わないわー。
    とにかく文章がまだるっこしい!
    まだるっこすぎて、第一章の途中で読む気なくして放り投げた。

  • 読むのが辛かった。
    どうやら自分には向いていないらしい。

  • どうやら私は読者に語りかける文章が苦手な様です。
    http://feelingbooks.blog56.fc2.com/blog-entry-883.html

  • 無理やりすぎ。笑わせようとしてるのがわかりすぎ。あまり、好きではないです。

著者プロフィール

作家

「2018年 『世にもふしぎな動物園』 で使われていた紹介文から引用しています。」

密室の鍵貸します (光文社文庫)のその他の作品

東川篤哉の作品

ツイートする