太平洋の薔薇 (上) (光文社文庫)

著者 : 笹本稜平
  • 光文社 (2006年3月14日発売)
4.02
  • (18)
  • (30)
  • (15)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :164
  • レビュー :15
  • Amazon.co.jp ・本 (427ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334740290

太平洋の薔薇 (上) (光文社文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 61

  • 笹本さんの海を舞台にした話、初めてでしたが手に汗握る展開が繰り広げられ、とても楽しんでいます。
    柚木親子の再会を希望に下巻が早く読みたい。
    いろんな立場から描かれているからこその臨場感もたっぷりです。

  • ストーリーは終始美談で面白くないが、
    船舶の運行についての詳細が分かり易くて非常に良い。

  • インドネシア近海、世界一周クルーズ豪華客船上、シンガポール、ロシア、アメリカ…国際スケールの大きさと五局の土台作りの前半、そして速度を上げた動きが絡み出す後半。各所キャストを見事に確立し繋ぎだす…海洋スペクタクル!?いやいや、多ジャンルも盛り込まれた分類不能の面白さ♪。…下巻へ続く

  • 世界を舞台に圧倒的なスケールで描かれた海洋冒険小説。クリフハンガーの要素もたっぷり盛り込まれ、ハラハラドキドキの展開にページを捲る手がもどかしい。

    引退を目前に控えた船長・柚木静一郎が乗船する『パシフィックローズ』が謎のテロリストにハイジャックされる。同じ頃、ロシア、アメリカでも不穏な動きが…

  • 海洋冒険小説。外航貨物船、海賊による乗っ取り、嵐の中の緊迫した航海(追跡)豪華客船の優雅な生活、海上保安庁、ソ連崩壊後の兵器の拡散。なんでも出てきて楽しい。

  • 登場人物が多すぎて大変。特にロシア人。
    場面も次々変わるので、巻頭で名前をチェックしながら読みました。
    途中で読み慣れてくると、ハマります。

  • 最高の美女とプロフェッショナルな男たちの物語。

    最後の航海、海賊による船の乗っ取り、テロリスト、謎の大富豪、生物兵器、複雑な国際関係とたくさんの要素を盛り沢山にして、それでもまとめきった作者の技量には素直に賞賛の声しか上がりませんでした。
    柚木艦長とキリエフ艦長が文句なしのいい男でしたが、それにもまして、ロートルな貨物船「パシフィックローズ」が「いい女」だったと思います。最後の航海を死力を尽くして乗り切ってくれた「彼女」は最高の美女です。
    ラストシーンには無条件で胸が熱くなります。

  • 最高

  • 知人に薦められました。チラッと内容を聞いたらダーク・ピットの全盛期を連想しましたが、表紙もそれを裏付けるような。ちょっとワクワクしますね。
    上巻読了。やっぱり下巻も買っておけば良かったです。

全15件中 1 - 10件を表示

太平洋の薔薇 (上) (光文社文庫)のその他の作品

太平洋の薔薇〈上〉 単行本 太平洋の薔薇〈上〉 笹本稜平
太平洋の薔薇 上 Kindle版 太平洋の薔薇 上 笹本稜平

笹本稜平の作品

太平洋の薔薇 (上) (光文社文庫)はこんな本です

太平洋の薔薇 (上) (光文社文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする