カール・マルクス (光文社文庫)

著者 :
  • 光文社
3.36
  • (2)
  • (4)
  • (16)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 117
レビュー : 7
  • Amazon.co.jp ・本 (223ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334740429

作品紹介・あらすじ

かつて混迷の政治の季節、虚飾にまみれたマルクスを救出するべく、その人物と思想の核心を根柢から浮き彫りにした吉本隆明。その営為は、敗戦体験を出発点に掘り下げられた思考の行程のひとつの達成を意味した。そして今、迷走する21世紀の"現在"、日本史上最大の思想家の手になる世界史上最大の思想家の実像が、再び立ち上がる。待望の文庫化。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 主に60年代までに吉本隆明が書いた文章のコンピレーション。これに中沢新一の解説がつく。こちらは彼の「三位一体」論が主だ。

    80年代後半から90年代にかけて、僕はマルクスを読まねばならない、という渇望を必要としない時代に育った。イギリスの労働環境の劣悪さがエンゲルスやマルクスに共産主義思想の萌芽をもたらしたように、労働者としての吉本が敗戦後にマルクスに邂逅したようなかたちでは、邂逅できない。たしか僕が「資本論」を何だかよく分からないまま流し読みしたのは大学5年生くらいのときだが、それは「ナニワ金融道」が面白かったから、というしょうもない理由であったし、同時に併読していたのが「戦争と平和」だったという、今から思いだすとマジなんだかギャグなんだか分からない読書をしていた。

    吉本隆明の文章は、サロン的である。文章は多くの<>で満ちている。<自然>、<宗教>、<疎外>というのは、君たちが通俗的な意味で使う自然、宗教、疎外のことじゃないから、そこのところ、考え違いしてもらっては困るよ、という目配せがある。おまけに、インサイダーにしか分からない仮想敵との論争がある。だれをどんな根拠で罵倒しているのか分からないので、門外漢には「きょとん」である。どうも通俗的な<マルクス>主義者も「反」<マルクス><主>「義」(者)もしゃらくせえ(こういうギャグ、「さるマン」でやってましたね)、という感じらしいが、そこには内田樹さんのいう「ご存知のように」と誰かがしたり顔で語るときの、門外漢お断りの口調がある。「全ヨーロッパでも指をかぞえるほどのものしか」理解できないマルクス(111p)なのだから、分かったふりをしてもらっては困る、という切実なる主張が作品のあちこちから伝わってくる。

    僕は村上春樹がそうであるように論壇には興味がないので、文芸誌や思想誌は読まないし、論争にも興味がないし、学生時代に吉本も浅田も全然読まなかった。いつも自分のペースで読書するしかない。なんでいまどき吉本で、なんでそれもマルクスなんだか分からないけど、とにかく寝る間も惜しんで一晩で読んだ本であることが、この本の僕にとっての価値を表していると思う。

  • 彼は千年に一度の偉大な巨匠だが。現実の世界ではきわめてありふれた生活人である。そうそう。ではなんでそう思うかってこと。ボク等は生まれたときから何らかの条件つきで生涯それらがつきまとう。フムフム。なるほど。だから結果としてボク等が何々であったということは意味がない。意味があるのは何々であった何々になった。ということの根底に横たわっていた普遍性をどれだけ自覚的にとりだしたかである。って。はい。理解。水と空気はいくら使用しても拡大しても調査しても無料(タダ)である。自然で言えばそういうのがシゼンに横たわっている。ではボクが何ものであるかの普遍性を自覚的にどう取り出すかを試みようとしたり。して。春が近いせいか甘ったるい風にどうも自然に眠たくなってくる。これだと幾ら生きても自覚的に試みる段階に立てない。普遍的に邪魔をする何かもあるに違いない。何々になりえない意味とか。ちょっと永遠。すべては人の心の仕組みと深く結びついていることだ。と優しく答える中沢新一氏の件が目を覚ましてくれる。

  • 60年代、混迷の政治の季節、虚飾のまみれたマルクスを救出するべく、その人物と思想の核心を根底から浮き彫りにした「カール・マルクス」-試行出版部刊-に小論2編が付されている、06年刊

  • 著者はやや他者を煽りながら、マルクスの「疎外」の概念が彼の経済学からではなく自然哲学から発生したものだと述べる。

    メモ:p61最終行からがよくまとまっている。

  • 決して読みやすい本ではないし、自分がどれだけ理解できたかは全く覚束ないが、それでもマルクスの思想のエッセンスが目の前に差し出されていることだけは感じ取ることができた。
    実際にマルクスの著作に触れながら、その都度また読み返してみたいと思う。

  • 2008/11/02

  • ¥105

全7件中 1 - 7件を表示

著者プロフィール

1924年、東京・月島生まれ。詩人、文芸批評家、思想家。東京工業大学工学部電気化学科卒業後、工場に勤務しながら詩作や評論活動をつづける。日本の戦後思想に大きな影響を与え「戦後思想界の巨人」と呼ばれる。2012年3月16日逝去。

「2018年 『吉本隆明全集 第16巻』 で使われていた紹介文から引用しています。」

カール・マルクス (光文社文庫)のその他の作品

吉本隆明の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ウィトゲンシュタ...
J・モーティマー...
安部 公房
ヴィクトール・E...
有効な右矢印 無効な右矢印

カール・マルクス (光文社文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする