新・寝台特急殺人事件 (光文社文庫)

著者 :
  • 光文社
3.38
  • (5)
  • (3)
  • (16)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 60
レビュー : 9
  • Amazon.co.jp ・本 (323ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334740573

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 友人を助けるためにチンピラを殺してしまい、恨みを買う長崎行きを試みる青年の話でした。
    たいへん、読みやすい構成となっておりました。結末も意外で面白かったよ

  • 社会派西村京太郎の馬力全開の作品。
    海外青年協力隊に参加しようとしている青年が,
    暴力団にからまれて殺してしまう。

    友達が庇い,海外に行かせようとする。
    庇う友達。

    暴力団が復讐のために追いかける。
    寝台特急で長崎に向かい,船で出るらしい。

    海外に貢献するのは,海外青年協力隊だけではないと諭す十津川警部。
    青年に対する西村京太郎の伝言だろう。

  • この時から嵌りましたww
    聞くところによると、祖母ちゃんも父さんも好きだったっていうww

  • うーむ・・
    緊迫感はあるが
    新とつけるほどか
    [200604-05? -asa]

全9件中 1 - 9件を表示

著者プロフィール

1930年東京生まれ。65年『天使の傷痕』で江戸川乱歩賞を受賞。81年『終着駅殺人事件』で日本推理作家協会賞を受賞。2004年には第8回日本ミステリー文学大賞を受賞。トラベル・ミステリーで活躍。

「2018年 『房総の列車が停まった日』 で使われていた紹介文から引用しています。」

新・寝台特急殺人事件 (光文社文庫)のその他の作品

西村京太郎の作品

ツイートする