影を踏まれた女 新装版 怪談コレクション (光文社文庫)

著者 :
  • 光文社
3.73
  • (10)
  • (15)
  • (11)
  • (2)
  • (2)
本棚登録 : 117
レビュー : 11
  • Amazon.co.jp ・本 (327ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334740689

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 大正時代に編まれた岡本綺堂の『青蛙堂鬼談』から十二篇、同じく『近代異妖編』から三篇を収録した短編集の新装版文庫。岡本綺堂は、捕物帖の嚆矢と言われる『半七捕物帖』で知られる。定評ある時代考証と読み手に優しい筆致で古き日本、特に江戸情緒を描き出す点は、捕物帖も怪談物にも共通する。
    『青蛙堂鬼談』では、雪のちらつく春の一日に、好事家の紳士が自宅で急な会合を催す。好奇心で集まった人々を待ち受けていたのは、家の主人と三本足の竹細工の蝦蟇だ。「青蛙」と呼ばれるいわくありげなこの蝦蟇の前で、客たちは手持ちの怪談をするよう乞われる。百物語に倣ったオーソドックスな手法だ。身の毛がよだつ、といった内容のものはなく、読後に不思議な余韻を残す話が多い。
    青蛙にまつわる伝説『青蛙神』。『利根の渡』は、渡し場で毎日一人の男を捜し続ける座頭の執念が怖い。部屋に掛けた猿の仮面の目が夜ごと光り、悲劇を招く『猿の眼』。『清水の井』『蟹』『一本足の女』『龍馬の池』などは、あやかしに犠牲者として選ばれた者の不運が極まる、一種の不条理譚だ。
    続く『近代異妖編』も、ある語り手が語った怪異という形式を取る。『寺町の竹藪』では、女の子のたったひとつの台詞で全体が怪談となる。表題作『影を踏まれた女』は、影踏み遊びの子供達に影を踏まれて以来、明るい場所に出るのが怖くなった娘、おせきの話。
    彼女は「影を踏まれると悪いことが起こる」と頑なに信じる。怪談そのものというよりは、おせきの強迫神経症的な脅えを怪談という角度から描き出した秀作だ。
    全編、人間心理の描写が生き生きしているため、短い話であっても薄くはない。『利根の渡』で座頭の面倒を見てやる老人の気の良さ。『蛇精』におけるうわばみ退治の名人とその妻の睦まじさ。『影を踏まれた女』では、おせきの許婚が彼女を守ろうとする意気込みが健気。しかし彼らの人情にほだされていると、話は不条理の内に終わったり、酷い結末を迎えるので油断ならない。
    怪異それ自体を動かない縦糸とし、怪異に翻弄される登場人物の右往左往を横糸にして綴られる短編の数々。きっと読み手の心の襞に忍び込む影となるだろう。

  • 半七とは違って合理的な解決がつかず、なんとなくすっきりしない話もありますが、それだけに後に残るものがありますね。
    インパクトというか、衝撃を受ける怖さはないですが、読んでる内に話の中に引き込まれていく、まさに怪談という出来ばえの作品集と思います。怖いというより不気味な感じでしょうか。
    青蛙堂鬼談の方が長さもあり、読み応えがありました。近代異妖編は面白いんだけどちょっと物足りなさを感じましたね。

  • モダンな響きの表題作だが、収められているのは古い時代を舞台にした怪談である。現代ホラーでは起承転結の後にダメ押し的なオチがあって怖さを重ねてくるものが多いが、本作では事の顛末が明らかにされずに終わる作品ばかりであり、読者は不可思議な出来事に背筋を凍らせながら不安定な心理状態に置かれたままにされる。非科学的な事象を扱うのであるから明解な結末など本来望むべくもないのだが、この独特の余韻は恐怖心を高める点で効果絶大である。

  •  何度も読み返している、江戸情話溢れる怪談集。私の岡本綺堂歴はここからスタート。手元にある半七文庫風の…。
     江戸の夜、後ろを振り向きざま、の女の図柄の方がよかったと思う。
     (収録内容)
     青蛙神・利根の渡・兄妹の魂・猿の眼・蛇精・清水の井
     窯変・蟹・一本足の女・黄いろい紙・笛塚・龍馬の池
    近代異妖編
     異妖編・月の夜がたり・影を踏まれた女
    解説 都筑道夫

  • 怪談 短編集

  • 青蛙堂鬼談
    「青蛙神」
    「利根の渡」
    「兄弟の魂」
    「猿の眼」
    「蛇精」
    「清水の井戸」
    「窯変」
    「蟹」
    「一本足の女」
    「黄いろい紙」
    「笛塚」
    「龍馬の池」

    近代異妖編
    「異妖編」
    「月の夜がたり」
    「影を踏まれた女」

  • 子供の頃、大人たちがする怪談話はかなりの娯楽だった。そんなことを思い出させてくれる岡本綺堂の怪談集。ストレートな怖さではなく、読後に怖さを覚える粋な短編が多く、読んでいて気持ちが良い。気に入ったのは、妖怪モノの「猿の眼」「一本足の女」。どちらも不思議な事象だけ語られ、結局のところなんだったのかというぼんやりした結末。しかし、ぼんやりさが強い余韻を残している。

  • これはまさにホラーというより怪談。古びた匂いが作品世界を満たす闇をさらに濃くしている。また時々恐ろしいものの正体が明かされないまま終わるのが不気味で、不安を誘う。


  • 《影》

    というのは実に奇怪な、そして不思議なものだ。
    影が浮かび上がらせるその黒い平面はとてもリアルに生きて目に映る。
    岡本綺堂、彼はとてもセンスの良い人だったのではないか、と思う。
    言葉の選び方にとても魅力のある作家ではないかと。
    その証拠にたくさんの付箋が付け加えられ、ありとあらゆる想像の出来る物語が詰まっている。
    青蛙堂奇談ではそうしたものが辺りに立ち込めているのが分かる。
    それは《影》のあった時代を知っている人だからこそ書けるものなのかもしれない。

    現代の社会の影でも人間関係の影でもない、人一人持っているその《影》を書いた彼。
    ぜひ、暗い光のなかで読んで貰いたいものである。

    (2009.01.31)

  • すばらしい

全11件中 1 - 10件を表示

プロフィール

一八七二年(明治五)東京生まれ。本名は敬二。元御家人で英国公使館書記の息子として育ち、「東京日日新聞」の見習記者となる。その後さまざまな新聞の劇評を書き、戯曲を執筆。大正時代に入り劇作と著作に専念するようになり、名実ともに新歌舞伎の作者として認められるようになる。一九一七年(大正六)より「文藝倶楽部」に連載を開始した「半七捕物帳」が、江戸情緒あふれる探偵物として大衆の人気を博した。代表作に戯曲『修禅寺物語』『鳥辺山心中』『番町皿屋敷』、小説『三浦老人昔話』『青蛙堂鬼談』『半七捕物帳』など多数。一九三九年(昭和十四)逝去。

「2018年 『異妖新篇 岡本綺堂読物集六』 で使われていた紹介文から引用しています。」

岡本綺堂の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
谷崎 潤一郎
三浦 しをん
宮部 みゆき
米澤 穂信
遠藤 周作
有効な右矢印 無効な右矢印

影を踏まれた女 新装版 怪談コレクション (光文社文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする