春宵十話 随筆集/数学者が綴る人生1 (光文社文庫)

著者 :
  • 光文社
3.75
  • (67)
  • (71)
  • (78)
  • (20)
  • (3)
本棚登録 : 1143
感想 : 111
  • Amazon.co.jp ・本 (225ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334741464

作品紹介・あらすじ

数学は論理的な学問である、と私たちは感じている。然るに、著者は、大切なのは情緒であると言う。人の中心は情緒だから、それを健全に育てなければ数学もわからないのだ、と。さらに、情操を深めるために、人の成熟は遅ければ遅いほどよい、とも。幼児からの受験勉強、学級崩壊など昨今の教育問題にも本質的に応える普遍性。大数学者の人間論、待望の復刊。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 久し振りの著者のエッセイ集。情緒、道義、真理、自明。自発的な学びの重要性と成熟を忍耐強く待つ姿勢。それまでまったく辿り着けるように感じていなかったものが、突然舞い降りてくる感覚。自然の流れの中に身を委ね、動物性を除去することで得られるものもあるだろうと...。借り物でない自身の考えを生み出すには必要な時間だと実感できた。

  • 本書は、天才数学者である岡潔さんが書かれた本です。
    「数学に最も大切なのは、情緒である❕」というのは、とても深い言葉だなーと思いました。
    数学博士としての「人生論」「教育論」が書かれており、参考になりました。
    ぜひぜひ読んでみて下さい。

    • parsleyさん
      岡潔の本があって感動です。小林秀雄との対談「人間の建設」は数えられないほど読んでいて影響を受けました。
      マルクスアウレリウスの自省録と共に愛...
      岡潔の本があって感動です。小林秀雄との対談「人間の建設」は数えられないほど読んでいて影響を受けました。
      マルクスアウレリウスの自省録と共に愛読書です。
      情緒を大切にする岡潔の著書は数多くよみました。
      専門の数学は全く歯が立ちませんけど。w

      数学と情緒が繋がるってこと初めは謎でした。

      人間の核を成す情緒を説かれた岡潔 非常に情緒的な方だと尊敬しています。
      2022/02/10
  • 日本を代表する世界的数学者のエッセー。
    岡潔といえば言わずと知れた日本を代表する大数学者だけれど、その肩書からは想像もつかないほどに文学、美術、音楽、歴史に関する教養の深さをうかがい知ることができる。本書で岡は幾度となく、情緒・直観といった感覚的なものの重要性を強調しており、それは幼少期から文化芸術に親しんできた彼の素地と無関係ではないだろう。エピソードの端々から、岡が間違いなく並外れた知力・記憶力の持ち主だったことは想像に難くないけらど、彼を知の巨人たらしめたのはその天才性よりもむしろ旺盛な好奇心、学問や文化芸術を楽しむ姿勢にあったのだと思う。
    「数学の本質は調和の精神」という部分はわかったようなわからないような。少し間を置いて、また考えてみたい。
    蔵書とする。

  • "こんな本に出合えることが、読書をやめられない理由の一つ。
    自分自身がこれまでの人生の中で、ありとあらゆる外界と接触して培ってきた感覚と、本書の著者である数学者の岡さんのものは、全然違うもの。
    新たな視点、気づき、驚きを与えてくれた。岡潔さんの目線と同じ場所に到達するには、まだまだ精進が足りない気がする。
    人間を見つめる視点、日本人をとらえる感覚は、深く洞察したうえで到達する高みにあるようだ。数学と芸術はとても似ているという感覚は、今の自分には持ちえない感覚だ。また、前頭葉の使い方で戦前と戦後では日本人の顔までも変化しているという観察など、思いもつかない。
    人の顔なんて、それぞれで、こんなもんだなぁと思うだけ。俯瞰して大きな時間軸で観察していないと気が付かないし、思いもしないようなことが、この本にはいっぱい書いてある。

    繰り返し読み返し、言葉をかみしめて、読んだ時の自分が感じた感覚を大切に生きていきたい。"

  • 数学者、岡潔氏のエッセイ。
    情緒の大切さ、教育の大切さが話の中心となっている。
    その気持ちの裏側には、「近ごろのこのくにのありさまがひどく心配になって、とうてい話しかけずにはいられなくなったから」という危機感があった。とくに戦後教育により加速度的に「動物性」が入り込み、人々の情緒が失われているという。

    『数学と芸術』において筆者は、「両者はふつう考えられている以上によく似ている」といい、それは、両者が求めているものは「調和」であり、数学においては「真の中における調和」であって、芸術においては「美の中における調和」であるからだ。
    「調和」を感じるためには情緒を働かせなければできない。ゆえに情緒が大切なのだという。

    また『一番心配なこと』での以下の言葉は興味深い。
    「人の基本的なアビリティーである、他人の感情がわかるということ、これは個人の持っているアビリティーであって、決して集団に与えられたアビリティーではない」
    一人でじっくりと考えることから情緒が生まれる。集団によるディスカッションでは深さに到達できないという筆者の言葉に、めまぐるしく情報が飛び交う中で、自分に立ち戻って考える時間を持つことの大切さを教えられた。

    春宵一刻値千金
    (春の夜は、なんともいわれぬ趣があり、一刻が千金に値するような心地がする)

  • 日本を代表する数学者岡潔さんのエッセイ。
    ”数学者“と聞くと意味のわからない文字や式とずっと睨めっこをしているイメージしか湧かなかった。岡潔さんは情緒を大切にされているそうで、情緒の中心の調和がそこなわれると人の心は腐敗すると言う。
    心に響く言葉もあればこれはちょっと、、となるような強い主張もちらほら。

  • 情緒を磨きなさい。今の教育は急かしすぎている。人の中心は情緒であるからゆっくりと健全に育てなければならないのだ。そうでないと数学も人も社会の心もわからないのだ。損得感情抜きに、自分がこれだと思う直観を大切に理路整然とした行いをしなさいー現在の教育問題にも通ずる大数学者の人間論。

    自明のことを自明としてみて(=純粋直観)、少しも打算を伴わない理路整然とした行い(=善行)を人生の中で大切にしていたい。

    10年後、子育ての際にも参考にしたい。

    「数学の本体は調和の精神である」とポアンカレーはいう。数学者である岡潔がこんなに素晴らしい人間論をかくものだから、数学にも興味が湧いてしまった。

  • 【琉球大学附属図書館OPACリンク】
    https://opac.lib.u-ryukyu.ac.jp/opc/recordID/catalog.bib/BA79617799

  • 岡潔の人間論参考になる

  • 収録内容は以下の通り。

    本編
    有馬朗人: 解説

    文章がとても読みやすく、また破綻が無い。将来への不安を語っている部分であっても、暗く感じさせない。すべては、律動的であるがゆえの読みやすさではなかろうか。徒に難しい語を並べるのではなく、読者の事を考えて丹誠を尽くした大数学者の文である。

    カバーデザインは坂川栄治+田中久子。

全111件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1901年大阪生まれ。京都帝国大学卒業。フランス留学を経て、帰国後、広島文理科大学、北大、奈良女子大で教鞭をとる。後年、多変数解析函数論の分野における超難題「三大問題」を解決し、数学者としてその名を世界に轟かせた。1960年に文化勲章を、1963年に『春宵十話』で毎日出版文化賞を受賞。1978年没。多くの名随筆を残した。

「2016年 『一葉舟』 で使われていた紹介文から引用しています。」

岡潔の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
フランツ・カフカ
三島由紀夫
村上 春樹
ヴィクトール・E...
マルクスアウレー...
J・モーティマー...
ジェームズ アレ...
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×