哀斬の剣 (光文社文庫)

著者 :
  • 光文社
3.80
  • (0)
  • (4)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 13
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (330ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334741907

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 記憶がもどりつつある弥十郎
    そのたぐいまれな腕前は忌むべき暗殺者故であった
    仕掛け人の仕事がお江戸に知れ渡り逐電やむなし
    留蔵たちとの惜別が悲しい!

  • 取り敢えずの完結編
    主人公の失われた記憶が戻り、旅立っていく。
    これまでとかなり異なり一冊一気に読みこなせる。お江戸八百屋町、闘いながらめぐる様は、昔の東映チャンバラ時代劇を連想させる。主人公辻風弥十郎以外、これまでの登場人物が脇役に回り引きたてている。第2部も予感させる終章である。

  • 9/2

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

1969年東京都生まれ。早稲田大学政治経済学部経済学科卒業。在学中はワセダミステリクラブに所属。時代小説作家 牧秀彦 公式webサイトhttp://www.maki-hidehiko.com/

「2018年 『十手狩り 松平蒼二郎始末帳四』 で使われていた紹介文から引用しています。」

哀斬の剣 (光文社文庫)のその他の作品

牧秀彦の作品

ツイートする