仇花 (光文社時代小説文庫)

著者 : 諸田玲子
  • 光文社 (2007年3月発売)
3.09
  • (2)
  • (3)
  • (14)
  • (3)
  • (1)
  • 本棚登録 :49
  • レビュー :5
  • Amazon.co.jp ・本 (375ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334742096

仇花 (光文社時代小説文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 幼い頃から気が強く野心家な、家康の側室お六。
    力強くたくましく生きるところは見習いたい。

  • 20080403読了
    家康最後の側妾・お六の生涯。

    北条家の残党として、江戸市中の長屋で貧しく暮らしていた美しい少女お六は、
    江戸城天守閣を見上げ、心に誓っていた。
    「登り詰めてやる」と。

    70歳に近い家康が愛した、14歳の少女の野望。

  • 徳川家康の最後の側室・お六を描いた作品。気性が激しく、野心の強い女性で権勢をふるった女性として描かれています。

    2007.8.21読了

  • 家康最後の側室「お六」の物語。
    読み易く纏められた作品ですが、最後が少し綺麗に納めすぎかなといった感あり。

全5件中 1 - 5件を表示

仇花 (光文社時代小説文庫)のその他の作品

仇花 単行本 仇花 諸田玲子

諸田玲子の作品

ツイートする