Wの悲劇 新装版 (光文社文庫)

著者 : 夏樹静子
  • 光文社 (2007年4月12日発売)
3.57
  • (12)
  • (28)
  • (32)
  • (7)
  • (0)
  • 234人登録
  • 38レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (389ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334742348

作品紹介

新雪に包まれた山中湖畔。日本有数の製薬会社・和辻薬品会長の別荘で、突然、悲劇の幕は開いた!和辻家のだれからも愛されている女子大生の摩子が、大伯父に当たる当主の与兵衛を刺殺したのだ。一族は外部からの犯行に見せかけるため、摩子の家庭教師・一条春生に協力を要請し、偽装工作を…。名作『Yの悲劇』に挑戦する、著者会心の本格長編推理傑作。

Wの悲劇 新装版 (光文社文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 2018年1月2日、読み始め。
    2018年1月6日、読了。

    エラリー・クイーンを意識しながら書かれた作品のようである。
    ちなみに、著者は1938年生まれ、クイーンは1905年生まれ。
    この本の最後の方に、クイーンが一筆を寄せている。
    それによると、著者とクイーン(フレデリック・ダネイ)とその妻は、1981年に北極圏旅行と楽しんだとか。
    要するに、交流があったということ。

    クイーンのことを調べていると、今まで誤解していたことが判明。
    クイーンというからには、女性の作家と思っていた。
    実は、男性が二人で、エラリー・クイーンというペンネームのようだ。

  • あまりにも有名な本なのでこれまで読まなくてもストーリーは何となくわかっていたけれど、読み始めたら凄い。
    映像化したときの配役をあれこれ調べてしまった。(どれが良いはさておき)
    三重四重に尽くされたネタが分かるまで楽しめたので、知ってるつもりの本でもやはり読んでみなくては!と改めて思う。

    だとしたら、ミステリの未知の世界がより広くなりまだまだ楽しみがあることに今更ながら思いを馳せる。

  • 大企業の会長が一族の集まる別荘にて殺された。殺したのは孫娘で、会長に暴行されそうになったと自白。一族は孫娘と会長の名誉を守るために、強盗殺人犯の仕業に見せかけようと画策するが・・・

    中盤で惜しみもなく素晴らしい、死亡時刻の偽造トリックが披露されます。そしてそのトリックが警察に見破られるか?に終始するのではなく、二転三転する物語と真犯人の正体。

    ミステリーとして完成度の高い作品だと思います。

  • 古典的名作。

    なんとなく展開・結末は読めるが、それでも十分面白い。

  • 面白かったです。
    次回は映画の方見ます!
    28/5/21

  • 2016.03.17

  • 文庫で初版が発行された当時に読んではいたが、内容は全く忘れていたので初読と同じだった。

    薄々は気づいていたが最後のどんでん返しは好きな展開だ。

  •  正統派の古典ミステリの流れをくむ作品だなぁと言う印象。
     シェイクスピアの作品で起こるような悲劇や喜劇を現代の劇作家が書かないように、現代主流の新本格ミステリ作家では描けない類いのミステリである。

     名家、財閥、複雑な家系、政略結婚という……何というか、もう設定だけでおなかいっぱいですよ! となる。至ってシリアスな物語なのだが、一周して笑えてくる。みんな、極限状態でよくもまぁここまで演技やらトリックやらするもんだぜ、となる。

  • 愛には順番がある。

  • 何回か読んでて犯人も知ってるのに
    「そうだったのか!」な細かい部分を忘れてて
    新鮮に読める。ww

全38件中 1 - 10件を表示

Wの悲劇 新装版 (光文社文庫)のその他の作品

Wの悲劇 (光文社文庫) Kindle版 Wの悲劇 (光文社文庫) 夏樹静子

夏樹静子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
宮部 みゆき
東野 圭吾
有効な右矢印 無効な右矢印

Wの悲劇 新装版 (光文社文庫)に関連する談話室の質問

Wの悲劇 新装版 (光文社文庫)に関連するまとめ

Wの悲劇 新装版 (光文社文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする