うらぶれ侍 研ぎ師人情始末(四) (光文社時代小説文庫)

著者 : 稲葉稔
  • 光文社 (2007年4月12日発売)
3.00
  • (1)
  • (0)
  • (3)
  • (2)
  • (0)
  • 18人登録
  • 2レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (328ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334742362

うらぶれ侍 研ぎ師人情始末(四) (光文社時代小説文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 研ぎ師人情始末シリーズ第4巻。近所の長屋に野菜を届けに来た娘が絞殺され、その家の幼い息子・幸吉が行方不明になった。同じ長屋に住む荒金菊之助は、従兄弟の臨時廻り同心・横山秀蔵とともに、捜索を開始する。調べる途中、幸吉は元御書院番の旗本・久松寿三郎の嫡男であったことが判る。旗本の子の幸吉がどうして町人の子になったのか?どうやら、事件の背景には金と出世に執着する久松家主従の亀裂が…。研ぎ師家業をほっぽりだして、秀蔵の捜索にせいをだす菊之助にかける言葉が良くない。幼い幸吉を連れ出した家来夫婦に甘い。

  • 菊さん・・・人生の転機ですね
    出来心に巻き込まれ、わが身の行く末が
    うらぶれた長屋住まい
    でも、大好きなちゃん・かあちゃんがいれば
    ソコは幸せな場所

全2件中 1 - 2件を表示

うらぶれ侍 研ぎ師人情始末(四) (光文社時代小説文庫)のその他の作品

稲葉稔の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

うらぶれ侍 研ぎ師人情始末(四) (光文社時代小説文庫)はこんな本です

ツイートする