名探偵を追いかけろ 日本ベストミステリー選集34 (光文社文庫)

制作 : 日本推理作家協会 
  • 光文社
2.75
  • (0)
  • (1)
  • (2)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 21
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (635ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334742508

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 2014.03.16
    アンソロジーにはまってた時に購入。1冊で13名の作品を読めるのは贅沢だし、発掘もできて便利。

    面白かった:燃える女(逢坂剛)、サインぺインター(大倉崇裕)、虹の家のアリス(加納朋子)、筆合戦(高橋克彦)

    「燃える女」と「筆合戦」が飛びぬけて最高。にやってできたり、う~んってなるのは面白い。
    有栖川有栖を初めて読んだけど、クセが強いなあ。1度ちゃんと読んでみたい。

    森博嗣の「いつ入れ替わった?」を久しぶりに読んだけれど、やっぱり素晴らしい。冒頭からひきつけられる。S&Mシリーズの文体が好きだなあ。

    p.521
    「常にどこかは変化しているよ」犀川は表情を変えない。
    「言うと思った」
    「そう言うと思って言った」

    このやりとりが本当にいい。犀川先生と喜多がしゃべっていると『四季 夏』が読みたくなる。

  • ミステリー短編集♪

    ・三毛猫ホームズの遺失物 ―義太郎、ヤクザの幹部と友達になる !?
    ちょっといい話(*´v`*)
    このおはなしけっこう好きです♪

  • 「虹の家のアリス」加納朋子 (『虹の家のアリス』に収録)

全3件中 1 - 3件を表示
ツイートする