思いわずらうことなく愉しく生きよ (光文社文庫)

著者 :
  • 光文社
3.60
  • (288)
  • (554)
  • (722)
  • (89)
  • (19)
本棚登録 : 4866
レビュー : 536
  • Amazon.co.jp ・本 (396ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334742621

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 変わった3姉妹とそれにまつわる男たちの話 全体的に明るい話ではなかった ただ姉妹はそれぞれに父親から言われた本の題名でもあることを守ってるようだった 江國香織の描く女性は静かな変態というイメージ

  • 江國さんが描く女性の男性との関わり方おもしろい!それに姉妹愛も描かれていて好き。

  • 久しぶりの江國ワールド。以前ドラマで見たものも面白かったけれど、今思えばあれはドラマ用だったんだな。
    本はやっぱりもっと江國の世界。
    本はもっと育子が主人公。治子はおんなじかな。麻子はやっぱりわからない。お父さんもお母さんも娘があんな目にあっているのに落ち着きすぎだ。家族ってあんなに他人?うちが干渉しすぎなのか。

    またバザーで手に入った江國香織。読める予備があるのが安心。

  • 三人の姉妹が、親の教えに従って、思い煩うことなく楽しく生きる話。それなりになるほどーと思うこともあり、三人の女の個性などはたっぷり描かれている。まあまあ面白かった

  • 性格がバラバラな三姉妹、麻子、治子、育子の話。タイトルになっている家訓が気に入った。麻子の家庭の話は息が詰まり苦しくなったけど、軽くなっていったので良かった。自由に生きていくって難しいけど、それぞれに抱える問題を乗り越えるのに、時に三姉妹の人生が重なりあい助けあう。そんな関係性が素敵だと感じた。

  • 以前にドラマで数話みて、気になってたことを思い出し購入。
    ドラマもよかったけど、活字だと個々の人物の心情が江國香織らしさ満点で描かれてて、また違ったお話のように楽しめたのでよかった。
    男がらみでいろいろある3姉妹のお話。とくにDVうける麻ちゃんやゆきえさんの心情は、自分には考えらえない状況だしリアルっぽくて興味深かった。
    育ちゃんはもっと末っ子らしく振舞っていきいきしてたし、熊ちゃんはむくわれないし、麻ちゃんは思ってたより芯がある最後になってた。

  • 思いわずらうことなく愉しく生きよ、という家訓のもとで育った三姉妹の物語。ステロタイプでない幸福な家庭像は独特だが、とてもあたたかくてやさしい。前向きな気持ちになれる本。

  • 再読。よかったー!すっごく、すっきり。何度も目かの再読だけど、姉妹の歳にぐっと近づいたら今回ほんとにすっきりした。うん。そうだ。思いわずらうことなく愉しく生きよ。のびやかに!どうでもいいけど、ハードカバーの装丁がすごく好きで、でも置く場所の問題で文庫にしたくて、しかしずっとハードカバーを取っておいてて…という本だったけど、ついに文庫にした。単純に、やっぱり軽くて読みやすいのはいいわ…。

  • 3姉妹のものがたり。みんな、個性的だな。
    治子はかっこよくて憧れるけど、共感できないとこもあるな。麻ちゃんみたいな良妻もすてきだけど、あんな囲われたように、ずっとおうちにはいられない。

  • 江國香織さんの作品を初めて読んだ。私も、親にべったり甘えられない、2人の妹たちに助けられている麻子みたいな三姉妹の長女。生々しい暴力シーンは、麻子と一緒に息ができなくなりそうになる思いがした。「二人で幸せになるか、二人揃って不幸になるか、どっちかなのよ」の言葉や、「離婚が嫌なわけではなく、二人で決めた結婚に対して、邦一を確かに愛し、邦一に確かに愛された日々とその自分に対して、責任のようなものがあると思えた。」の思いは、長女らしい女の強さや、長女だからこその女のプライド、苦しみが伝わる。治子と育子も違いはあるが、自由奔放で豊かな考えをしていてかわいいと思った。20140714.

全536件中 91 - 100件を表示

著者プロフィール

江國 香織(えくに かおり)
1964年、東京生まれの小説家。1986年、児童文学雑誌『飛ぶ教室』に投稿した「桃子」が入選。2004年、『号泣する準備はできていた』 で、第130回直木賞を受賞。他、山本周五郎賞、中央公論文芸賞、川端康成文学賞、谷崎潤一郎賞など受賞歴多数。代表作として、映画化もされた『きらきらひかる』や『冷静と情熱のあいだ』など。女性のみずみずしい感覚を描く作家として、多くの読者を魅了している。また、小説から絵本から童話、エッセイまで幅広く活躍中。翻訳も手がけている。2019年5月2日、2年ぶりの長編小説『彼女たちの場合は』を刊行。

思いわずらうことなく愉しく生きよ (光文社文庫)のその他の作品

江國香織の作品

ツイートする