思いわずらうことなく愉しく生きよ (光文社文庫)

著者 :
  • 光文社
3.60
  • (288)
  • (554)
  • (722)
  • (89)
  • (19)
本棚登録 : 4866
レビュー : 536
  • Amazon.co.jp ・本 (396ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334742621

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 三姉妹の性格とかキャラクターがはっきりしていて、人間観察をしているような気持ちになりました。
    麻子のような依存し合うような関係もわかるし、最近別れを経験した私は、治子のように強くなりたいと思いました。
    育ちゃんにはあまり共感はしなかったけど、この子が末っ子でいることで家族の結束が保たれているんだなぁと。
    もっと江國香織さんの小説を読んでみたいと思いました。

  • 一見、ぶっ飛んでいるようで、意外と自分にもあるような一面を持っていたり、近くにいそうな感じのする三姉妹でした。

    女は強い!この本を読んでいて、終始感じたことです。

    同じ女性として、出てくる全ての女性に共感したし、とても気持ちの良い終わり方でした。

    女性に生まれて良かったなぁ。としみじみ思ってみたり。

    境遇が違っても、しっかり支え合っている女姉妹の雰囲気も自分と重ねたりしながら読みました。

  • 再読も面白かったです。
    江國さんの姉妹もの、「流しのしたの骨」の3姉妹とごっちゃにしてしまっていたのですが、こちらも好きでした。
    麻子治子育子…どの人も遠いところにいるようで、案外近いのかもと思ってしまいます。
    こんなに強く伸びやかには生きられていないので、憧れてしまいます。
    「恋愛が過大評価されている」という育子の恋人の台詞に、そうそう!と思いました。あってもいいけど、無くてもいい気がします。(と、同時期に観ていた「獣になれない私たち」でも思いました)
    この作品の女性たちはとても強くて惹かれるのですが、比べると側にいる男性たちがなんとも弱くて…彼らじゃそりゃだめだろうな、と思いました。岸くんも多分無理です。
    「思いわずらうことなく愉しく生きよ」はわたしの人生の目標にもしたいです。難しい生き方ですが。

    これ確かドラマもあって、麻子が木村多江さんで、邦一がユースケ・サンタマリアさんだったような。でもどこかでも見たなこの夫婦。。

  • 私自身3姉妹の中で育ち、家庭環境も似ていることもあり、のめり込んで読めた作品。
    理解しがたい部分もあるが、それぞれが自分の生き方を探している感じが伝わってきて良かった。
    思いわずらうことなく愉しく生きたい

  • 三姉妹の話。仲の良い姉妹でみんないい子でお互いのことが好きなのに、なんとなく皆、三姉妹で自分が一番まともでしっかりしてる、と感じているのが垣間見れるところが好き。姉妹がいたらこんな感じなのかな、といない私は考えた。

  • 私たちはのびやかすぎる。

    三姉妹のお話。
    長女 麻子 既婚者、旦那はコミュ障のDV
    次女 治子 バリキャリ ヒモ男囲う セフレいるけどなに?
    三女 育子 OL 年下BF 個性派

    みんなそれぞれのびやかに、思いわずらうことなく愉しく生きている。
    もしくは愉しい道を生きようとしている。
    長女のDVで旦那がいなければ不安で、旦那が絶対的なものになってしまうのはすごく分かるから私もそちら寄りだけどよくない
    次女は分かってもらうのは難しいと思うけど本当に熊木の事が好きだった
    三女は家族思いで変わってるけど段階を踏んで付き合っていきたい気持ちわかる

    長女のDV発覚→スーパーでDV仲間見つける→3人で助ける

  • 夫からDVを受けている長女、意志を貫くキャリアの次女、一途さが風変わりな方向へ向かう三女。のびやかすぎる彼女たちの独特の折れなさを応援したくなる。雨上がりのようなしっとりとした空気と、仄暗ささえ凌駕する美しさ。姉妹間は勿論離婚した両親も含め家族を大切にする温かみにきゅんとする。タイトルの家訓も良いな。

  • のびやかに生きる姉妹3人のものがたり。

  • 何年かに一度読み返したくなる本。

  • 面白かった!
    三姉妹の生活が目まぐるしく書かれていて、スピード感をもって読める。

    読むと、江國香織好きだなぁとしみじみ思う。

    父親の荷物検査、信仰の対象ではないけれどキリスト関連の置物を大切にする育子、香水をふんだんに振りかけて武装する治子、幸せな主婦と見られることに安心する麻子。現実にはいない人物像でも、彼女たちの習慣にすごくリアリティがある。

全536件中 11 - 20件を表示

著者プロフィール

江國 香織(えくに かおり)
1964年、東京生まれの小説家。1986年、児童文学雑誌『飛ぶ教室』に投稿した「桃子」が入選。2004年、『号泣する準備はできていた』 で、第130回直木賞を受賞。他、山本周五郎賞、中央公論文芸賞、川端康成文学賞、谷崎潤一郎賞など受賞歴多数。代表作として、映画化もされた『きらきらひかる』や『冷静と情熱のあいだ』など。女性のみずみずしい感覚を描く作家として、多くの読者を魅了している。また、小説から絵本から童話、エッセイまで幅広く活躍中。翻訳も手がけている。2019年5月2日、2年ぶりの長編小説『彼女たちの場合は』を刊行。

思いわずらうことなく愉しく生きよ (光文社文庫)のその他の作品

江國香織の作品

ツイートする