思いわずらうことなく愉しく生きよ (光文社文庫)

著者 :
  • 光文社
3.60
  • (288)
  • (554)
  • (722)
  • (89)
  • (19)
本棚登録 : 4867
レビュー : 536
  • Amazon.co.jp ・本 (396ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334742621

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 思いわずらうことなく愉しく生きる、と聞くと、ひどく自由奔放で苦労のないようなイメージを受けるけれど、実はそうではないという事実を知るような話でした。思いわずらうことなく愉しく生きるには、そうするだけの覚悟や、信念のような確固たる自分が必要不可欠で、同時に多くのものを失う可能性も孕んでいるということ。
    それでも、なぜ彼女たちがそんな生き方をできるかといえば、「家族」という絶対の味方がいるからなのかな。

    それぞれ全くタイプの違う女性である三姉妹の麻子・治子・郁子。
    自分は誰に一番近いだろうかと想像しながら読むのが楽しかったです。
    とはいえ、彼女たちほど思いわずらうことなく愉しく生きることは容易ではないので、「誰にも似ていない」という結論に至ったのは、私だけではないだろうと思います。

    ある種の覚悟と強い信念を持って自由奔放に生きるか、少し気持ちをゆるめて多少の煩わしさを許容するか。バランスよく生きたいと感じました。

  • 好きな一節。『喪失感は、巨大だったが、それは埋めようがないことを、治子は知っている。放っておけばいい、と治子は考えている。喪失感はただここに「在る」だけで、それに囚われたり浸ったりする必要はない』治子強いなぁ。ドラマでは、真木よう子か。ぴったりだ。

  • 家族の記憶が、温かさや煩わしさとなって、別々に生きている姉妹の基盤になっている様子は、とても微笑ましい。

    「恋愛は感情で始まるものかもしれないけど、意志がなくちゃ続けられない」「恋愛が過大評価されているってことが問題」
    「ちゃんとしたボーイフレンド」を持たない育子が、こういうことを言える正彰くんによって、恋愛を知ることができたという展開はすばらしくよかった。

  • 2011.12.04読了。

    ひさしぶりに江國さんの本。

    やっぱりあたしには登場人物の独特な口調に馴染めず。
    そして主人公の3姉妹がそれぞれ変わりすぎてて、なかなか感情移入できず。

    治子の熊木に怒る理由とか、育子の男性との付き合い方とか...
    麻子の場合はきっと実際DVな状況にならないとわかんないんだろうな。
    でももどかしかったー。

    それぞれの恋愛観を持つ3姉妹。
    女のたくましさ、強さはすごい共感。

    この3姉妹は変わりすぎではあるけど、誰だって姉妹間、家族間、恋人間、友人間で独特の世界があり、それは他人から見れば理解できないものなんだってことを改めて共感。

    決まった形なんてないし、普通はなんてことはない。

    ついつい自分の価値観で決めつけてしまいがちだけど、そう思えばもっと楽になるのかなーとか、いろいろ考えてしまった一冊。

  • なかなか魅力的な三姉妹とその両親ではあるが、誰も幸せでは無い。一番破滅的な感じで始まった育子だけに希望が残るものの、若い彼氏と型にはまった生活に入るのが幸せだろうか?とにかく魅力的でも淋しい人たち。それが思いわずらうことなく愉しく生きる事?

  • 初めて読んだとき、麻子の恐怖があまりに自分と似ていて、背筋が凍りました。
    なぜ麻子は、江國さんは、こんなに解るんだろうと。

    そして、気づかないうちに遠くにきている自分に気付いてハッとしました。
    もがきながらも、最良の状況を掴みとったと思っているので、抜け出すことなんて考えられません。
    でも、この本を読んで、いつか後戻りできなくなるかもと怖くなりました。
    DVのお話はたくさんあるけれど、こんなに寄り添って書けるのは江國さんしかいない気がします。
    私と同じ感想を持った人も結構いるのではないでしょうか。

    私も江國さんのお話の、まどろむような感じが大好きなのですが、この小説で改めて江國さんの力を感じました。
    深刻な状況が、江國さんらしくすこやかな登場人物によって、深刻になりすぎていないのが素晴らしいです。

  • 久しぶりに江國香織の小説を読んだ。

    三姉妹の感覚が、私の家と一緒だったので興味深かった。ま、我が家は犬山家ほどのびやかではないけど。

    今度ドラマ化されるみたいやけど、文章ならではの描写に身を委ねてて心地よい小説やった。

  • この人の作品、読み始める前は何となく億劫なんだけど、一度ページをめくるともうやめられなくなる。不思議。
    人は誰かに愛された経験があると、何度でもやり直せるものなんだあ。

  • 主役にこれっぽっちも共感できなかった本は初めてだわ・・・。
    どう取っ付いていいのかわからなかった。
    タイトルからして、3人姉妹がそれぞれ思いわずらっているのかと思っていたら、全然思いわずらっていなかった。
    それでも最後まで読んだのは、DVによる婚姻の継続がどうなるのか興味があったからだけの理由。
    ちっとは思いわずらって欲しい。

  • こちらも追加漏れでした。
    うん。この三姉妹にはそれぞれ共感できるところがあり、反感もあり。
    「思いわずらうことなく愉しく生きる」って、案外すっごく難しいことなのですね。

全536件中 21 - 30件を表示

著者プロフィール

江國 香織(えくに かおり)
1964年、東京生まれの小説家。1986年、児童文学雑誌『飛ぶ教室』に投稿した「桃子」が入選。2004年、『号泣する準備はできていた』 で、第130回直木賞を受賞。他、山本周五郎賞、中央公論文芸賞、川端康成文学賞、谷崎潤一郎賞など受賞歴多数。代表作として、映画化もされた『きらきらひかる』や『冷静と情熱のあいだ』など。女性のみずみずしい感覚を描く作家として、多くの読者を魅了している。また、小説から絵本から童話、エッセイまで幅広く活躍中。翻訳も手がけている。2019年5月2日、2年ぶりの長編小説『彼女たちの場合は』を刊行。

思いわずらうことなく愉しく生きよ (光文社文庫)のその他の作品

江國香織の作品

ツイートする