深淵(上) (光文社文庫)

著者 :
  • 光文社
3.17
  • (0)
  • (1)
  • (5)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 41
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (340ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334743352

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 主人公麻田布満(のぶみつ)が記憶喪失に苦しむ物語。
    ありがちな設定ですが、彼の場合は2度の記憶喪失です。

    2度ともなると、話の構造、苦しみの中味もひと味ちがいます。失った記憶と、戻った記憶との双方にどう向き合うのか。
    さらに2件の「冤罪」を問う裁判に深く関わります。

    文中にしばしば登場する箇条書きに、何かの分析レポートを読んでるかのような錯覚をするかも。
    それが、不思議なもので、淡々とした事実と論理が繰り広げられた文章を読むちに、主人公布満の、その周りの人の彼に対する気持ちが浮かびあがります。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

作家(1916年8月20日~2014年3月12日)。福岡県生まれ。九州帝国法文学部政治学科中退。新聞社勤務の後、1941年12月召集され、以後敗戦まで対馬で兵営生活を送る。敗戦後、福岡で発刊された『文化展望』の編集に携わる傍ら、文筆活動を開始する。46年新日本文学会に入会、以後『近代文学』や記録芸術の会など、さまざまな文学芸術運動に関わる。48年日本共産党に入党、61年以降は関わりがなくなるが、コミュニストとしての立場は生涯変わらなかった。公正・平等な社会の実現を希求し、論理性と律動性とを兼ね備えた文章によって個人の当為を形象化する試みを続けた。1955年から25年の歳月を費やして完成した『神聖喜劇』は、軍隊を日本社会の縮図ととらえ、主人公の青年東堂太郎の精神遍歴の検証を通じて絶望的な状況の中での現実変革の可能性を探った大作で、高い評価を受けている。ほかの小説に『精神の氷点』(1948年)、『天路の奈落』(1984年)、『三位一体の神話』(1992年)、『深淵』(2004年)、批評集に『大西巨人文藝論叢』(立風書房、全2巻)、『大西巨人文選』(みすず書房、全4巻)など。

「2017年 『歴史の総合者として』 で使われていた紹介文から引用しています。」

深淵(上) (光文社文庫)のその他の作品

深淵 〈上〉 単行本 深淵 〈上〉 大西巨人

大西巨人の作品

深淵(上) (光文社文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする