カンタン刑 式貴士 怪奇小説コレクション (光文社文庫)

著者 :
  • 光文社
3.51
  • (7)
  • (23)
  • (21)
  • (4)
  • (2)
  • 本棚登録 :155
  • レビュー :33
  • Amazon.co.jp ・本 (393ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334743796

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 複数の名義を使い分けて様々なジャンルで多くの作品を残したという
    清水聰(1991年没)の、SF&怪奇小説でのペンネーム=式貴士。
    寡聞にして存じませんでしたが、
    最近調べ物の途中で目的を見失い、迷子になったところ、
    たまたま「カンタン刑」という奇妙なタイトルを発見し、
    気になったので買ってみました。
    グロテスクな奇想に満ちたSF&ホラー系作品集であります。
    表題作は、凶悪な殺人犯に死刑より重い罰を与えることが裁判で決定し、
    その「カンタン刑」の、とんでもなく非人道的な内容が綴られていくのだけど、
    受刑者が八人も人を殺して平然としているヤツだというんで、
    読者は刑の描写のえげつなさに吐き気を催しつつ、
    彼に同情する気はまったく起こらず、
    良心の呵責は覚えずにページを捲っていけるのでした(笑)
    ――が、残念ながら読み進めるとどんどん飽きてきまして。
    多分、アイディアは奇抜で面白いけど、文体が合わないからだと思う次第。
    神は細部に宿ると言うけれど、あまりにギッチリ描き込まれ過ぎていて、
    黙して語らぬ余白の美が存在しないかに見えるのがキツイんだなぁ。
    ただ、春日井健の歌を題材に――とリクエストを受けて書かれたという
    女性芸術家とモデルになった少年の話「マイ・アドニス」は、まあまあ好み。

  • 横溝正史よりは江戸川乱歩よりの、あるいは耽美派の川端文学の香りのある恐怖小説というべきか。

    式貴士という名前に聞き覚えはなかったが間羊太郎という名前で以前犯罪アンソロジーを読んだ事があり、それでタイトルの面白さも相まって手にした一冊。カンタン刑というユニークなネーミングだけれど、内容はかなりグロ。しかも全編に流れるトーンがちょっと古い文学の香り十分。人を選ぶので万人向けではないけれど、乱歩以外にも例えば、平山夢明氏などが好きな人にははまりの一冊だと思われる。

  • 著者自身が呼んだ、グロテスクロマン短編が不思議な読後感でよかった。
    グロ、少年愛、猟奇、サディスティック様々。
    何十年も前に書かれたと思えない。

  • 表題作で描かれる刑の凄まじさもさることながら、「鉄輪の舞」の結末の惨たらしさたるや。もし4、5年前に読んでいたら恐らく狂喜乱舞して「傑作だ×3」と連呼していただろう。

    惜しむらくは、現在の自分ではこの猟奇、淫虐、残酷、変態―そういったもの全てが、刺激が過ぎるようになってしまったこと。

  • 奇妙奇天烈!すごい…の一言に尽きます。お亡くなりになられているのがなんとも惜しい…もっと早くに出会いたかった。。。そしてジャケが素敵!

  • 大変面白かった。エログロナンセンスの極み!

    ・カンタン刑……想像を絶する地獄のような刑罰!オチとなるやり取りが何ともシュール。
    ・首吊り三味線……「カンタン刑」に続く猫虐待描写に、式貴士は猫嫌いなのだろうかとぼんやり思う。愛と狂気は表裏一体なのか。謎めいたオチがたまらない。
    ・涸いた子宮……おぞましいラストが夢に出てきそうだ。
    ・ヘッド・ワイフ……この話はそう言えば既読であった。狂気、だけど平和なハッピーエンド。
    ・おれの人形……恐ろしい支配と隷属の形。
    ・マイ・アドニス……主人公の思いがもたらした悲劇なのだろうか。切ない。
    ・血の海……大抵のグロは大丈夫なのだが、何だかこの話は気持ち悪くなった。というか厳密に言えば殺人や解体などの描写がない分グロではないはずなのに。リアルに想像してしまったせいだろうか。
    ・アイス・ベイビー……結末の切なさはたまらないものがあるが、設定やIBを選ぶ場面などの描き方はシュールで面白い。

    *****
    以下、余談。
    新品の在庫がないので、Amazonの中古を探した。あるショップの出品者コメントに妙なことが書いてある。「状態は良いのですが、裏表紙にあるものが貼りつけてあります。本来こちらで剥がすものですが、本書の内容から鑑みるに、逆にそれも含めて面白いかもしれませんので、貼りつけたまま送ります」(うろ覚えですがこんな感じ)。一体何だろうかと興味を引かれ、値段が安かったこともありあえてそのショップで購入した。ところがそのコメントのことを忘れており、読み終わってから「あるもの」の存在に気づいた。なるほど面白い。本の内容の面白さに加え、プラスアルファのブラックジョーク。

  • なんの絵かわからないけど表紙が可愛い。

    頭がいい人が書いたんだろうなぁと。
    説明の部分がしっかりしすぎていて頭が良くない私には字を追うだけで精一杯だった。

    首吊り三味線は動物が痛めつけられているのはかわいそうだけど爽やかにクレイジーな人というのが恐ろしくて良い。
    はじめはこいつ何いってんだ状態だったのがぽろりぽろりとこぼれる言葉にまさか?まさか?となって次に繋がっていくのが面白い。

    カンタン刑は、正直それだけか…と思ってしまった。
    実際に自分がそんな刑にされるのを想像すると勘弁、と思うけれども極悪犯が、とつくとやはり話がかわってくる。

    東城線見聞録も次の住人は?次の住人は?と楽しめた。

  • ほどよいグロさもあり良かった。
    期待以上。

    【首人間】は良かった。

  • 綾辻さんのエッセイより。
    たまらん。気持ち悪い。オゲェーッ!
    でも大好きだッッッ!!!!!
    解説に平山さん。ラブ。

  • 複数の筆名を用いて、ミステリ評論、児童向け読み物、
    官能小説、占星術研究などの多彩な仕事を遺した作家・式貴士。
    その特徴的な短編作品の中から選ばれた十二編と、
    原作を式貴士が担当した劇画作品一編を収録。

    表題作の「カンタン刑」を初めとして、
    収録作品のすべてが、奇想としか言いようのない
    突飛な状況設定について描かれた物語である。

    どの作品にも一応の主人公(語り部)は存在するが、
    名前すら明かされない場合がほとんどで、
    そのせいもあって、彼らが主人公なのではなく、
    突飛な状況設定それ自体こそが実の主人公なのだ、
    と言っても差し支えないほどに、
    どの作品も、奇抜なワンアイデアありきの作品となっている。

    「こういうことが起きたらどうなるだろう」
    という思考実験の過程を書き記しただけのような小説であり、
    人間ドラマや凝ったプロットなどはほとんどない。
    人間は常に、奇怪な状況という主人公に振り回される
    物語上に配置されたただのアイテムのひとつに過ぎない。

    だが、それでいてどの短編も、人間の愛や欲望、
    そしてそれらに溺れた人間たちが現出せしめる狂気、
    といったものを鮮やかに描き出すことに成功している。

    これは、物語の核をなすアイデアが秀逸であることの現れだ。
    ただ一風変わっているというだけではなく、
    その状況の下では、人間は真の姿を暴露せざるをえない、
    というような実に巧妙な状況設定なのだ。

    そのような設定をたくさん考え出したというだけで
    式貴士という人は充分に凄い才能である。

    もちろん、設定を思いついたことだけが凄いのではない。
    その設定の中で、真の姿をさらけ出す人間たちを
    しっかり捉え、文章に写し取ることができる才能、
    それをも兼ね備えていたことが、
    式貴士を式貴士たらしめた要素なのだと思う。

    文章にはやや日本語としておかしいところがあったり、
    女性の言葉づかいがワンパターンだったりと
    個人的に気になるところもいくつかあったが、
    そういった細かい瑕疵は無視できる程度のもの。

    ただ、凄い、ということは理屈では理解できるのだが、
    いかんせんワンアイデアのみの作品群なので
    その凄さはこうやってここにでも書いておかないと
    おそらくすぐに忘れていってしまうだろう。

    小説としての面白さは弱い。
    やはりアイデアの凄さが光っている。
    冴えたアイデアの数々を、ぜひ味わってみてほしい。

全33件中 1 - 10件を表示

式貴士の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
宮部 みゆき
ウィリアム・ゴー...
米澤 穂信
有効な右矢印 無効な右矢印

カンタン刑 式貴士 怪奇小説コレクション (光文社文庫)はこんな本です

ツイートする