セリヌンティウスの舟 (光文社文庫)

著者 : 石持浅海
  • 光文社 (2008年5月13日発売)
3.24
  • (27)
  • (51)
  • (119)
  • (31)
  • (9)
  • 本棚登録 :537
  • レビュー :80
  • Amazon.co.jp ・本 (240ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334744175

セリヌンティウスの舟 (光文社文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 大きな場面展開などはなく、一つの死に対する疑惑を語り合うだけなのに、ここまで読ませるのは流石です。
    過去に起きた漂流場面の緊迫感たるや、経験者なんじゃないかと思うほどでした。
    しかし、結末に至っては予想を越えるものではなく、少し肩透かし。
    とは言うものの、犯人特定に至る、ある気付きは唸らされました。こういうロジックは気持ちいいですね。
    『走れメロス』は小学生の頃に読んだきりなので、本書を思い出しながら読み返してみようと思います。

  • 好きな作家はと問われ、
    その中でもお勧めはないかと聞かれたら
    「水の迷宮」と共に挙げるこの作品。

    凄いと思いました。
    信じたい気持ちと、信じられない気持ちと
    戦うその様はまるで人の根底にある善と悪を見定めているかのようで
    面白かった。

  • 2年前にスキューバダイビングで遭難した6人。その遭難で深めた絆、一体感。
    いつものようにダイビングの後、三好の家で飲み明かした朝、美月が服毒自殺をしていた。

    なぜ、褐色瓶は蓋がしまっていたのか。
    なぜ、転がっていたのか。
    6人の絆が試される。
    それを『走れメロス』に準えた話。

  • 6人の絆を前提とした気付きと受け取りに、あまり共感はできなかった。しかし、人間は興味、関心、知識、精神状態など・・・の影響でかわるものだと思うので、そんなこともあるのかな?と思う。わたしにはかなりきついことだと思うし、想像を超えている。

  • 「僕たちの関係を、大人同士のうわべの信頼関係と軽んじてはならないと思う。誰しも自分の問題は、自分の世界の中で解決しなければならない。荷が重くて、大変で、辛いことだ。そんな日常の中で、僕たちには自分の世界の外に、無条件の信頼が存在する場所があったんだ。この仲間たちだ。それがどれほど貴重なものか。そんな仲間を得られたことが、どれほど嬉しかったか。僕たちは生死をともにした仲間であり、同時に大人としてお互いの世界を尊重し合った。」

    構成としてはミニ『虚無への供物』。動機は不可解。推理は緻密で面白い。

  • 漂流して生死の境を共に経験して以来、強い絆で結ばれた6人。
    ダイビングには必ず6人で行き、その後は飲み明かす。
    いつもと同じだと思っていたその日、皆が酔い潰れた後、彼女は自殺した。
    遺書もあり、警察の捜査でも自殺と断定されたが、彼らは不可解な点に気付く。
    ただの友人ではない彼らだからこそ気付いた疑問。
    遺書には語られなかった彼女の死の真相とは・・・?


    本格ミステリですが、着眼点というか、今までに見たことのない角度に驚きました。
    独特の感性をお持ちというのでしょうか。
    石持さんの作品は、良い意味で変わってますね。

    自殺に見せかけた他殺を暴くというものはよくありますが、自殺した人の心情を知るために議論するというものは初めてです。
    信じる心と疑う心。
    他人の心情を探るというのは、すごく難しいことだと思います。

    ただ、お互いを心の底から信じ合う6人の関係は、すごく素敵で素晴らしいものだと感じました。

    あたたかく、そして哀しい物語です。

  • 1+
    さっぱり惹き付けられないストーリー。こんな話で信じるも信じないもあるか。説得力薄弱な論理展開で進められる推理、というかただの論理的なフリ。例によって、誰でも思いつくようなことでも、わざとらしく登場人物に「そんなことには気付きもしなかった…」と言わせる白々しさ。意味不明な動機。意外性のないオチ。石持作品は5冊目だが、読む度に印象が悪くなる感がある。二百頁余という短さが不幸中の幸いだが、それでも途中何度もうんざりさせられる。
    ひたすらビールを飲んであーだこーだ推理しあう風景が、某作品に少し似ていることだけが興味を引く。あと表紙が綺麗。

  •  死の危機をともに乗り越えた仲間達、そのうちの一人の女性が自殺。彼女の自殺にはおかしな点があるとして、その謎を残された仲間達が解明していく、「仲間を疑わない」これをルールとして。
     謎が謎を呼ぶ、かなりエキサイティングな展開と言ってよいでしょう。ただ、頭の悪い私としては「あれ?今何考えてたっけ?」となりました。あと、「別にこの謎は解かなくてもいいんでないの?」というところもありました。が、「仲間を疑わない」というルールを守り通した仲間達(ある意味で著者)は、素晴らしいですね。

  • このストーリー構成力には驚嘆です。これを兼業でやってのけるのですから、石持浅海先生には脱帽ですね。

  • 石持さんはやはり素晴らしい~。
    今回もミステリのようでいて、ノンミステリな感じ。なんたって被害者(?)は自殺だから。
    海での漂流という事故をきっかけに強い絆で結ばれた6人。しかしその中の1人・美月が6人でいる時に自殺する。しかしそこには不審な点が。5人はその謎をつきつめていく…。
    けど磯崎が共犯、もとい協力者っていうのは、割とすんなりわかるよね。あと美月と磯崎の自殺の動機も、いまいち納得いかない…というか理解しかねる。まあそうい状況になったことがないからなあ。
    けどやっぱりなぜか好き。全体のストーリー、空気、そういううのがいい。

全80件中 1 - 10件を表示

セリヌンティウスの舟 (光文社文庫)のその他の作品

石持浅海の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
宮部 みゆき
湊 かなえ
有効な右矢印 無効な右矢印

セリヌンティウスの舟 (光文社文庫)に関連する談話室の質問

セリヌンティウスの舟 (光文社文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする