暗闇を追いかけろ (光文社文庫)

  • 光文社 (2008年5月13日発売)
2.60
  • (0)
  • (1)
  • (5)
  • (3)
  • (1)
  • 本棚登録 :17
  • レビュー :4
  • Amazon.co.jp ・本 (600ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334744212

暗闇を追いかけろ (光文社文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 乙一「closet」

  • これが乙一初挑戦本でした。
    そして、鯨氏を知った本でもある。

    北森鴻、柴田よしきはヤッパリちょっと合わないかも。
    西沢保彦さんは割りと読むほうなんだけど、タックとか出てくるシリーズが苦手。
    馳星周さんはいつも好きw
    まさに裏社会、ダークサイドだww

    平山夢明さんの本は読みたいんだけど、図書館にあんまり蔵書がなくて、
    自分が買うにはちと抵抗があって、、、。
    最近になって、新耳袋を結構みたけど、やっぱり人気あるんだ。
    ただ、この本に収録されてるお話は、グロくてちょっと意味が分からないけど、面白かった。

    石田氏は面白い。長編も読むことにした。
    物集高音は、ちょっと興味が出て他の話も読むことにした。
    森福都さんも、好き。この後、短編集をしっかり借りてw読みました♪♪

  • 暇つぶしと新しい作家探しのための古本短編集。今回の発見は「鯨統一郎」。twitter もやっている。作品は「アトランティス大陸の秘密」。

    いろんなシリーズを作っているようだが、この作品を核に2,3読んで見たいと思う。テンポといい、エンディングといい、とてもすばらしい作品だ。

    逆に言えば、そのほかの作品はどれもB級に見えた。いやぁ、今回は新しい作家を発見できてよかった!

  • 一番怖いのは、
    人間の欲望と悪意ってことかしら

全4件中 1 - 4件を表示

日本推理作家協会の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

暗闇を追いかけろ (光文社文庫)はこんな本です

ツイートする